Just another WordPress site

トップ > 教育・キャリア支援 > 新人教育プログラム

ねらい

1.基礎看護技術を習得し、正確かつ安全な看護実践ができる
2.社会人、職業人としての自覚を持った行動をとることができる

 

目標

1.必要時報告・連絡・相談ができる  

2.看護実践に必要な基礎看護技術を実践できる

3.病棟目標を理解して、自己の目標の評価

 

到達目標

1.人間関係形成

 

①患者や家族、スタッフとコミュニケーションがとれる。

②自己判断せず、報告・連絡・相談ができる。

③助言を受けながら、職務規律を守り、社会人として行動することができる。

 

2.看護サービス実践

①受け持ち患者について、プライバシーを守りながらデータベースに沿った情報収集ができる。 ②看護診断が理解できる。

③標準看護計画に沿って、受け持ち患者の計画を立案することができる。

④看護手順に基づいた、基礎看護技術を習得し実践できる

⑤マニュアルに沿った看護記録の記載ができる。

⑥実践した看護を評価できる。

⑦緊急事態がわかり、報告できる。

⑧患者急変時の基本対応がわかり、必要物品の準備ができる。

⑨看護倫理とは何か理解できる。

 

3.マネジメント

①部署の目標を理解し、自己の目標が設定できる。

②1日の業務計画を立てることができる。

③医療事故防止、院内感染防止マニュアルに沿った行動ができる。

④守秘義務を遵守して、個人情報の保護に努めることができる。

⑤災害発生時(地震・火災等)、指示に従い行動できる。

⑥看護業務を行う上で、コスト意識をもって物品の取り扱いができる。

 

4.指導・研究

①専門書を読み、自己の学習ができる。

②院内看護発表会に参加できる。

 

一年間の教育フロー図

 

 

平成28年度・新人年間計画

PDFファイルをダウンロードする(120KB)