Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介 > 部門紹介 > 人工透析部

人工透析部

人工透析部のご紹介

看護のアピールポイント

 

計画的な達析導入・安全・安楽な選析治


人工透析部では、透析導入期や他科の入院(維持透析患者さま)など主に急性期の透析治療を行っています。臨床工学技士と看護師が、それぞれの特性を生かしたチーム医療を大切にしています。透析機器、体重計、電子力ルテを連動させて、ヒューマンエラー防止や、業務の円滑化に努めています。スタッフは透析従事者研修を受け、スキルアップしています。

 

安全な透析治療の提供に力を入れています

チェックシートの活用、スタッフ2人で行なうダブルチェックを準備前、開始前後、開始30分後と行ない、事故防止に努めています。

 

明るい雰囲気づくりに努めています

患者さまが週3回、永続的に行われる透析治療を、受容するには時間がかかります。暗くなりがちな透析治療でも、患者さまの想いを受け止め、傾聴する姿勢を持つように心がけています。

また、週3回お会いする患者さまを明るい笑顔でお迎えし、リラックスして透析治療が受けられるように関わっています。

 

スタッフ教育

透析に関する学会やセミナーに積極的に参加し、自己研編に努めています。わからないところはお互いに間き、知識や技術を高めあう環境づくりに努めています。

 

力ンフアレンス

患者さまの担当看護師を決め、よりよい看護の提供に努めています。医師と事例検討会を行うこ とで情報の共有化、個別性のある継続看護、ケアの提供を行っています。

 

先輩看護の声

透析指尊者看護部
長谷川雅恵

平成22年に透析指導者看護師(DLN) を取得し、当院の人工透析部 で働いています。今は非常勤です。 患者さんやスタッフ、アットホームな雰囲気なので、楽しく仕事に来 ることができます。

学習面では日本腎不全看護学会で全国レベルの学習ができ、スタッフ 間で伝達、学びの場を大切にしています。