Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介 > 部門紹介 > 中央手術部

中央手術部

中央手術部のご紹介

中央手術部へようこそ

 

手術室では、患者様の希望を大切にし、他職種と協力しながら安全に且つ最良の手術治療が受けられるよう努めています。中央手術部は、13部屋で手術を運用しています。手術室に11部屋、緊急帝王切開に備えて産科病棟に1部屋、中央放射線部にはハイブリッドに対応した1部屋を備えています。年間約7300件の手術を行っています。

 

 手術室での仕事の紹介

8:30~ カンファレンス

朝は皆で顔を合わせてあいさつ♪

 

おはようございます!

今日も1日頑張りましょう!

みんなで協力して部屋準備をします!

 

8:45~ 作戦会議・準備
術前訪問で得た情報をもとに、担当の看護師同士でどのような看護が必要か話し合います。

今日担当する患者さんについてですが…

 

9:00~ 手術開始

外回り看護師・手洗い看護師が協力して、手術が順調に行われるように準備します。

患者さんが安全安心に手術を受けられるように看護を行っています。

 

 

*タイムアウト*

安全に手術を行うため、執刀する直前に医師・麻酔科医・看護師などその場にいるスタッフが一斉に手を止め、正しい患者であるか、また手術法と手術部位の最終確認を行います。

 

タイムアウトを行います。

患者さんの名前は…

〇〇の疾患に対し〇〇の手術を行います。

予定時間は…

 

 

外科の花形、手洗い看護師!

薬剤師さんが常駐しています!

薬のこと何でも聞けますよ

 

*お昼ご飯*

お昼ご飯は皆で仲良く食べています♪

 

このお菓子美味しそう♪

沖縄旅行のお土産ですね~!

私も行きたいです~

 

*術前訪問*

翌日の手術予定の患者さんの部屋を訪問し、当日の説明と様子を伺いに行きます。

 

はじめまして!

明日の手術を担当させていただく、

看護師の山田です。

 

手術終了

片付けもしっかりやります!

17:15 業務終了

今日も1日お疲れ様でした!

 

手術室看護師として心がけていること

私たち手術室看護師は、患者さんの手術に対する不安な気持ちを少しでも軽減できるように、

患者さんお一人おひとりに寄り添う看護を目指し、日々努めています。

その取り組みの一つとして、術前訪問を行っています。

手術室看護師が手術日前日(あるいは当日)に患者さん、ご家族の病床を訪問し、パンフレットを用いて手術の流れなどをお話しします。患者さんの不安の軽減や恐怖心の緩和に努め、手術治療への協力を得ます。

そして、術前訪問で得られた情報から患者さんに適した看護用具などを選択し、手術日当日は患者さんの一番近いところで患者さんの代弁者となり寄り添います。

とてもやりがいのある現場です。