Just another WordPress site

トップ > 教育・キャリア支援 > 現任教育プログラム

岐阜県総合医療センター看護部の現任教育プログラムについてのご案内です。

 

 

現任教育プログラムについて

1.教育における基本方針

  • 岐阜県総合医療センターおよび看護部の理念、活動方針を具体化するために必要な教育を行う。
  • 主体的に学ぶ姿勢を尊重し、キャリア発達を支援する。
  • 看護実践能力(人間関係能力、看護サービス能力、マネジメント能力、指導・研究能力)を高め、   創造・発見の喜びを体験できる環境を整える。

 

2.目的

岐阜県総合医療センターが目指す看護を提供できる人材を育成する。

 

3.求められる看護師像

  • 高度医療に対応できる観察力・判断力をそなえた看護師。
  • EBNに基づく専門的技術と看護実践能力をそなえた看護師。
  • 主体的に学びリーダーシップが発揮できる看護師。
  • チーム医療におけるコーディネートができる看護師。

 

4.現任教育の考え方

現任教育体制の特徴は、専門職業人としての責任と自覚のもと、OJTを重視し、看護師個々の自主性・自律性を尊重するものです。

キャリア発達では、ベナーのドレイファスモデルを参考に、新人・レベルⅠ・Ⅱ・Ⅲの4段階とし、①人間関係能力、②看護サービス実践能力、③マネジメント能力(役割と責務)、④指導・研究能力が段階的に修得できるよう支援します。キャリア支援のゴールは、ジェネラリストの育成です。

 

ジェネラリストとは…?
特定の専門あるいは看護分野にかかわらず、どのような対象に対しても経験と継続教育によって習得した多くの暗黙知に基づき、その場に応じた知識・技術・能力を発揮できる者をいう。

~社団法人 日本看護協会 “看護にかかわる主要な用語の解説“ より~

 

現任教育構造図

当センターの現任教育では、新人、レベルⅠ、Ⅱ、Ⅲと評価を受けながらレベルアップできます。レベルⅢをジェネラリストと位置づけ、自立した看護師として主体的にキャリアアップを図ることを目標としております。レベルⅢからは、専門看護師・認定看護師を目指すことも可能となります。

当センターの現任教育4つの柱の意味を以下に示します。

① 人間関係能力:組織を活性化するために良好な人間関係を築くことができる能力。
② 看護サービス実践能力:看護サービスを継続的に評価・改善し実践できる能力。
③ マネジメント能力:組織の目標を達成するために必要な能力。
④ 指導・研究能力:専門職として技術を高めさらに看護への科学的追及を行う能力。

これらが段階的にステップアップします。専門的職業人としての意識を持ち、看護の専門性を高めるために自己研鑽が重要です。

 

 

現任教育体制

1.教育組織について

 

2.各委員の役割・分担について

 

3.部署教育支援について

 

 

新人月別活動計画 PDFファイル

PDFファイルをダウンロードする

(PDFデータ:平成28年度・新人年間計画.pdf(224KB) )

 

平成28年度新規採用看護職員研修 PDFファイル

PDFファイルをダウンロードする

(PDFデータ:平成28年度新規採用看護職員研修日程.pdf(139KB) )