Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > PNSについて

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)とは

岐阜県総合医療センター看護部では、質の高い看護の提供のため、新看護方式PNS(Partnership Nursing System)を全ての病棟手術室に導入し看護を実践しています。

 

PNSにおける新人教育体制

安心してください。当院には、どこの部署に配属になっても新人看護師の成長を支援するシステムがあります。

PNSでは3段階で進めています。

 

第1段階

入職後集合研修が終わると、数日はペアに同行しPNS看護方式の看護実践を見学します。

第2段階

5月に入ると3人で動き、指導受けながら一緒にケアを行います。ペアを目指してできることを増やしていきます。

第3段階

6月に入ると先輩とペアで動きます。自分の弱いところを強化していきます。ペアの一員、チームの一員として役割が果たせるようになり、自信に繋がっています。

 

昨年度の新人看護師の意見

  • 不安なケアや患者指導のときも、ペア(先輩)がその場にいてくれるので安心です。
  • 初めての観察、処置も先輩の指導を受けながら行うので、学びながら看護できます。
  • ケアを2人でできるので安全です。
  • カルテ記入も少しずつ自信を持ってできるようになりました。