Just another WordPress site

トップ > 教育・キャリア支援 > 新人教育プログラム

教育目標

1.基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する。
2.患者・家族、スタッフとの円滑なコミュニケーションがとれる。
3.助言を受けて自己の目標管理ができる。
4.部署や院内での学習会に積極的に参加し、自己の看護観を養う。

 

求められる能力

1.看護実践能力
  ①助言を受けながらケアの受け手に必要な身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな

   側面から必要な情報収集ができる。
  ②ケアの受け手の状況から緊急度をとらえることができる。
  ③指導を受けながら看護手順に沿ったケアが実施できる。
  ④指導を受けながらケアの受け手に基本的援助ができる。
  ⑤看護手順やガイドラインに沿って、基本的看護技術を用いて看護援助ができる。
  ⑥助言を受けながらケアの受け手を看護していくために必要な情報は何かを考え、

   その情報を関係者と共有することができる。
  ⑦助言を受けながらチームの一員としての役割を理解できる。
  ⑧助言を受けながらケアに必要と判断した情報を関係者から収集することができる。
  ⑨ケアの受け手を取り巻く関係者の多様な価値観を理解できる。
  ⑩連絡・報告・相談ができる。
  ⑪助言を受けながらケアの受け手や周囲の人々の思いや考え、希望を知ることができる。

2.人間関係能力
  ①患者や家族、スタッフとコミュニケーションがとれる。
  ②他者と協力して仕事を進めることができる。
  ③助言を受けながら職務規律を守り、社会人として行動することができる。

3.マネジメント能力
  ①助言を受けて部署の目標を理解し、自己の目標が設定できる。
  ②一日の業務計画を立てることができる。
  ③指導を受けて、医療事故防止、院内感染防止、院内感染防止マニュアルに沿った行動が

   できる。
  ④指導を受けて、物品の請求や取り扱いが正しくできる。

4.指導・研究能力
  ①積極的に自己研鑽のための学習ができる。
  ②自己の1年間の振り返りをまとめ、課題を見つけることができる。

一年間の教育フロー図

 

 

2020年度・新人年間計画

PDFファイルをダウンロードする(340KB)