Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > 先輩の声

先輩看護師の声

わたしたちと一緒に働きましょう!!

 

内科(循環器、消化器 等)・脳神経外科 病棟 看護師(2年目)

「笑顔で頑張ってます」

 出身校:朝日大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は、超急性期病院であり様々な診療科があるためたくさんの経験を積むことができると思い志望しました。また、

インターンシップに参加し先輩看護師さんたちが患者さんに丁寧に接している姿をみて、私もそんな看護師になりたいと思い、ここで働きたいと思いました。新人教育にも力を入れていてここでなら頑張れると思ました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。

私は昔から人と関わることが好きなので将来は人と関わる仕事に就きたいと思っていました。また、誰かのためになり「ありがとう」と言われる仕事に憧れをもち看護師を目指しました。今看護師として働き家族を含め、退院後の生活まで支援ができる看護を目指しています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんから退院後お手紙をもらった時です。一人で眼軟膏ができない患者さんに対して指導を行っていました。退院日にも指導をぎりぎりまで一人でできるよう指導を行っていました。後日その患者さんから手紙が届き「退院後も頑張って点眼をしている。指導をしてくれた看護師さんのおかげだ」と言ってもらえました。患者さん一人一人に向き合って指導していくことが患者さんのためになれると学びました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


先輩から「頼りにしてるね」と声をかけていただいた時です。新人の頃はわからないことだらけで先輩にたくさんのご指導をもらいました。少しずつですが、自分なりに試行錯誤しながら看護をする中で、できることが増えました。先輩からの声掛けが日々の業務の中で励みになります。また、新人に対して声掛けをし、自分のことだけではなく後輩のことも気遣いが少しできるようになりました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


今は循環器・消化器・眼科など混合病棟で勤務しており特に心不全の患者さんが多いため家族を含めた指導など患者さんの生活、退院後のことまで考えて看護を提供できるようになりたいです。また、患者さんを含め家族の思いや希望を確認し入院中のことだけではなく、退院後の生活が困らないように家族を含めた看護展開ができるように日々努力していきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


日々の業務で疲弊する毎日ですが、休日は家族と過ごしたり友人と話をしたりして、リフレッシュしています。今はコロナ禍でなかなか遊びに行けませんが、家の中でも出来ることで気分転換しています。

 

内科・消化器内科・血液内科等 病棟 看護師(3年目)

 「チームで医療安全活動を頑張っています!」

 ■出身校:岐阜県立看護大学

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


出身である地元で就職したいという気持ちが強く、基幹病院として機能を果たしている当院に就職することで、より専門性の高い知識と技術を学ぶことができると考えたからです。実習先でもあり、病院の雰囲気を知っていたことや教育体制、働きやすい環境が整っていることも選んだ理由です。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


高校生の時に何になりたいのか決まらず、進路には悩みました。姉が看護師を目指していたこともあり看護師という職業が身近に感じ選択しました。大学では保健師実習もありましたが、卒業研究では認知症患者さんのその人らしさを尊重した看護について深めました。患者さんが治療を安心して安全に受けることができるように療養生活の援助を行い、患者さんらしさを捉え、寄り添える看護師になりたいと実習を通して思うようになり、看護職の道を選びました。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


化学療法や胆膵疾患の再発などで入退院を繰り返す患者さんが多いこともあり、患者さんとお互いに顔と名前が一致した関係を築くことができたときです。患者さん特有のこだわりや希望を捉えつつ看護に取り入れることができ、患者さんよりポジティブな反応があったときは、素直に「うれしいな」と感じます。多忙な業務の中でも患者さんの個別性を意識して看護ができているのかなと思います。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


入職当初は癌性疼痛から夜間に不安が増強し、休息のできない患者さんの傍にただいることしかできず、看護師として緩和ケアを必要とする患者さんへの介入の難しさを感じていました。緩和ケア介入が難しいと感じることは変わりませんが、症状緩和を目的として薬剤の内容を患者さんや他のスタッフと一緒に考えたり、疾患がもたらす症状が日常生活にどのように影響を与えているのか考え看護介入を検討したり、経験を通して考えられるようになったことが増えたことで成長を感じます。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


 感染症が流行中のため、もともと少ない外出頻度がより少なくなりました。インドア派なので、休日に時間を考えずたくさん寝たり、家の中でゲームをしたり、好きなものを食べたりして時間を充実させています。夜勤明けの時間も有効活用しています。動物が好きなので愛犬との時間も大切なリフレッシュの時間になっています。

 

外科(整形外科・呼吸器外科) 病棟  看護師(8年目)

「丁寧に適確な対応をできる看護師を目指して頑張っています」

 出身校:岐阜県立看護大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


急性期病院で多くの診療科があるため、周術期から慢性期まで幅広くたくさんの知識や技術を得られ、自分のやりたい看護が見つけられそうだと考え就職を決めました。また、新人教育のカリキュラムも充実しており、学びやすい環境であると感じました。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


受け持ちの患者さんへどんなケアをすると良いか、本人や家族の意向を聞きながら、多職種とも相談して試行錯誤して関わりました。転院の前日、「本当にありがとう、一生忘れない」と言っていただけたことはとても嬉しく、これからも患者さんの気持ちに寄り添いながらベストな看護ができるようにしていきたいと思いました。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


学生時代や新人の頃は、患者さんに異常な症状がみられたときに何故それが起こっているのか、なかなか理解ができないことも多くありました。PNSで働きながら様々な患者さんを看て、先輩の考え方をその場で教えてもらえたことで、今は自分で根拠を持ってアセスメントができることが増えてきていると感じています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


研修に参加し、クリティカルケア院内認定を取得しました。重症な患者さんの状態を知るためにはどういった観察点があるか、またそこで得た情報からどんなことが分かるかといったアセスメントについて、研修で学んだことを病棟での看護に活用できるような活動をしていきたいと思っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


新人の頃は、思うように看護ができず悩むことも多くあり、自信をもてないことが多くありました。そんな時、実地指導者の先輩がどうしていくと良いか、どうやって振り返ると良いかなど、根気強く一緒に考えてもらえたことで、技術や多重課題の対応を学んでいくことができました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


入院される患者さんは高齢な方が多く、ほとんどが現在の疾患以外に様々な疾患を抱えています。そのため、自科疾患に限らず、多方面から患者さんの状態が捉えられるよう、自分の知らない疾患や治療、ケアの方法などについての学習を深めていきたいです。

 

産科 病棟  看護師(3年目)

「新たな家族のはじまりをサポートします!」

 出身校:岐阜県立看護大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は、総合周産期母子医療センターであり、BFH(赤ちゃんにやさしい病院)にも認定されているため、様々なハイリスク時の対応や母乳育児へのケアが学べると思い就職先に選びました。また、学生時代に母性看護分野の実習をさせていただき、病棟の雰囲気がよく、自分もここで働きたいと思ったことも決め手になりました。

Q2 めざす看護について教えてください。


出産は児の誕生に喜び、感動する場面だけでなく、不安や痛みと長時間向き合わなければならない場面もあります。思い描く出産と異なり、つらく二度と経験したくないと感じる経験となることは十分にあると思うので、産婦さんの苦痛や不安を少しでも取り除き、"産んでよかった"と思える満足できるお産になるような助産ケアを行っていきたいと思っています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


分娩中の産婦さんを担当し、陣痛中から分娩後まで関わらせていただきました。現在は、陣痛室での家族の立ち合いができないため、声かけをしながら寄り添い、産痛が軽減するよう腰をさすったり、分娩が進むように一緒に動いたりしてサポートしていました。無事出産を終え、産後に分娩時のお話を伺った際、「夫がいなくて不安だったけど、助産師さんがいてくれて心強かった。」という言葉をもらえたときにやりがいを感じました。分娩中は陣痛の痛みや付き添いがないことによる孤独感、いつ赤ちゃんが産まれてくるかなどの先の見えない不安等と戦っているため、産婦さんに寄り添い、安心して出産できるようサポートしていきたいと思います。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は、一つひとつメモを確認し、先輩の指導を受けながら、業務やケアを行っていましたが、今では複数の患者さんへのケアが重なった時や緊急で迅速な対応が必要な時などに、優先順位をつけ一人で判断して動くことができるようになりました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


現在は、褥婦さんと関わる機会が多く、授乳においては、お母さんと赤ちゃんの状態がそれぞれ異なるため、個別性が求められます。日々ペアで相談したり、スタッフ間でおっぱいカンファレンスを行ったりしながら、ケアをしていますが、観察していることやケアの選択肢が不足していると気づくことが多いので、母乳育児ケアを深めて行きたいと思っています。
また、今後後輩指導をしていく立場になっていくので、一つひとつのケアを明確にした上で指導できるよう、技術・知識面の自信のない点については確実にできるようにしていきます。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


最近は、コロナウイルスの流行もあり、自宅で映画を見たり、料理をしたりして過ごすことが多いですが、以前は旅行に行くことがリフレッシュになっていました。コロナが終息した際には、海外旅行を計画したいです。

 

外科(形成外科 等) 病棟 看護師(2年目)

「丁寧な看護を目指して頑張っています。」

 出身校:日本福祉大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


自宅が岐阜のため地元の病院であることと、インターンシップに参加した際の印象で決めました。インターンシップでは、新人教育研修で実際に行われる静脈注射の内容を体験しました。先輩看護師が1人1人手技を確認しアドバイスしてくださり、新人サポートの手厚さを感じて志望しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患者さんやご家族1人1人に寄り添った丁寧な看護を目指しています。私自身、小学生の時に交通事故に遭い長期の入院をした経験がありますが、その際にお世話になった看護師さんに親切に接していただいたからこそ治療に対し前向きに頑張ることができました。患者さん1人1人にはそれぞれ生活や背景があり、それを的確に捉え、関わりたいと考えています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


1年目のときに、イレウスで入院されていた患者さんで腹痛が強く、鎮痛薬もあまり効かず、温罨法をずっとしていた方がいました。私はホットパックを持って行くことくらいしかできなかったですが、状態が落ち着いた後に患者さんから「何回も(ホットパックを)頼んだのに嫌な顔せず交換してくれて嬉しかったよ。」と言われました。自分にできることは本当にささいなことですが、患者さんの訴えにしっかり耳を傾けることで、苦痛を少しでも軽減することにつながるのだと感じ、その言葉がやりがいにもつながりました。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


1年目は業務や環境、複数の患者さんを同時に受け持つという状況についていくだけで精一杯でしたが、最近では患者さんの言動や背景にも少しは目を向けることができるようになりました。患者さんに入院前の生活や退院後に不安なことがないか聞き、必要に応じ看護問題を立案すること先輩に相談することができるようになってきました。ですが、まだまだ未熟な部分もたくさんあるためさらに成長できるよう日々頑張っていきたいです。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


勉強会には積極的に参加するよう心がけています。特に、今年は専門コースの学習で「摂食嚥下障害看護」を学習する予定です。学んだことを部署に反映できるよう学習内容をまとめ共有するとともに、患者さんの看護に活かすことができるよう充実した学びを得られるようにしたいです。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


PNS体制のため、先輩と患者さんを受け持つ機会がほどんどですが、1年目の時に苦痛を訴える患者さんに対しどうすれば良いか分からなかった時に、ペアの先輩が冷静かつ患者さんの訴えに丁寧に向き合っていて、疾患の理解やアセスメントを的確に行うことの大切さを改めて実感させられました。私もその先輩のように患者さんと向き合うことができるように学習をさらに頑張っていこうと思いました。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


疾患や治療の勉強を引き続き行うことや患者さんやご家族のニーズを的確に捉えられることが課題です。まだまだ勉強不足だと感じることも多々あるため、1つ1つの行動に根拠を持って実践できるよう日々経験したことを次につなぐという意識をもち、学習を重ねていきたいです。そして、患者さんやご家族さんの言動にも丁寧に向き合い、患者さんの苦痛を少しでも軽減できるよう、より良い関わりができるよう努めていきたいです。

Q8 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


 ドライブすることやおいしい物を食べることが好きなので、遠くまで運転して出かけることがリフレッシュやストレス発散方法です。外出の自粛が落ち着いたら車に乗って旅行して、旅先の飲食店をたくさん巡ってみたいです。

 

外科(整形外科・呼吸器外科) 病棟 看護師(2年目)

「患者さんに寄り添う看護師をめざしてがんばります。」

 ■出身校:敦賀市立看護大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


元々急性期や周術期の看護について興味があり、病院見学やインターンシップに参加させていただいたときにスタッフ同士の雰囲気がよいと感じ、また、新人教育が手厚いことを知ってここで看護師として頑張ってみたいと思ったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


学生時代に様々な職業の方に話を聞く時間があり、そこで看護師の方が話してくださった「治療にはここまでという限界があるが、看護には限界がないと思う」という言葉が印象的でした。そこで看護について興味を持ち、目指すことに決めました。多様な患者さんのニーズに対し、自分たちができることを考え、寄り添っていくことを大切にしたいと思っています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんからありがとうと言っていただけるときはとても嬉しいです。また、当病棟は急性期の整形外科病棟なので、入院時からADLに障害がある患者さんも多いですが、入院生活の中でADLが改善し、自分で歩いている姿がみられたときはやりがいを感じます。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


看護学生のころ、実習で認知症の患者さんを受け持ったことがありました。初めて認知症の方に関わったのでうまくコミュニケーションがとれず悩むことも多かったですが、実習期間はその患者さんのことだけを考えることができたので、その人のニーズを見つけて介入することができました。看護師として働き始めてからは、実習のときのように一人の患者さんと毎日じっくり関わり続けるということは難しく、まだ日々の業務をこなすことで精一杯になってしまうことも多いですが、患者さんとの関わりを大切にしながら頑張りたいと思っています。また、認知症の患者さんや、うまく意思疎通ができない患者さんとのコミュニケーションの取り方についても勉強していきたいと思っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


PICUでは毎朝全ての患者さんの情報共有とケアカンファレンスを行っています。患者さんの状態やその日ケアの注意点などについて先輩方から多くのアドバイスを頂けるので、新しい気づきがありとても勉強になります。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


1年目のときは、ケアや夜勤が自立していくたびに嬉しい反面、本当に自立してしまっていいのかと不安なことも多かったです。しかし、毎月実地指導者の先輩と1か月の振り返りをしていただく中で、多重課題のこなし方や、プライマリーとしての動き方について親身になって一緒に考えて下さったおかげで少しずつ自信をもって働けるようになりました。

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


仕事終わりや休みの日に、同期や他病院で働いている友達と話すことです。
同期と話すことで一緒に頑張っている仲間がいることを実感し、また明日から頑張ろうと思えますし、同じ看護師でも病棟や病院が違えば、看護の内容も変わってくるので多くの刺激を受けることができます。今はまだ大勢で集まることは難しいですが、適度にリフレッシュしながらこれからも看護師として頑張っていきたいと思います。

 

重症心身障がい児施設 病棟 看護師(7年目)

 「幅広い小児看護を深められます。」

 ■出身校:愛知医科大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代の実習を通して、小児看護に進みたいと考えるようになりました。また生まれ育った岐阜で地域の役に立ちたいと考え、インターンシップに参加しました。当院ではPICUがあり、また重症心身障がい児施設も増設予定であったため、急性期から慢性期と幅広い小児看護が学べると思い選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


入院中であっても、児の成長発達を意識した関わりを、大切にできる看護を目指しています。長期にわたり、人工呼吸器管理中の児を受け持った時に安全を確保しつつ、絵本を見せたりおもちゃを握ったりなど、本来子どもが体験できることを看護計画に取り入れ、笑顔が見られるようになりました。成長発達と言っても身体的な成長だけでなく情緒面における発達もあり、五感への刺激が大切なのだと学びました。また家族の喜ぶ姿が見られ、病院は治療する場であることに違いはありませんが、遅延しがちな長期入院中の児の成長発達を考える視点は大切だと思いました。成長発達を家族と共有することで家族の励みにもなり、より家族との関係性を築けると思うので今後も意識していきたいです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


不安を抱える家族と関わることで、受け持ち児のお母さんに「〇〇さんの顔を見て安心した」「相談してよかった」と声をかけてもらったことです。不安や困っていることに対して傾聴する時間を確保することや、一緒に悩んだり一緒に成長を喜んだりといった共感する姿勢を大切にしていきたいと思いました。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


状態が不安定な児の家族が悲嘆している中で、自分自身も家族から向けられる言葉に対して苦しむことがあり、どう関わったらよいか悩むことがありました。家族から離れられず自分も精神的に追い込まれたとき、上司から「寄り添うことも看護、離れることも看護」と教わりました。私は、立派な看護師なら、家族に寄り添うことだけが大事だと考えていましたが、客観的に看護師という立場から関わることも必要だと学びました。家族を見守り、必要な時にサポートしていくことが自分と家族の信頼関係を築けるとわかり、常に看護師の立場に立ち返ることを意識しています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


重症心身障がい児のケアや看護について、もっと深めていきたいと思っています。言葉や表情で表出できない子どもたちの関りは難しく、その子その子でうれしいことや苦しいことや、異常のサインが違い、それを気づくことやくみ取ることが必要だと感じています。多くの経験や先輩方の看護の視点からもっと力をつけていきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


映画やショッピングに出かけることが好きです。また、同期や先輩方と山に登って自然に癒されることも日常から離れられとても楽しいです。また、テニスやランニングなど体を動かすことでリフレッシュしています。汗を流すことで日頃のストレスも軽減されて、仕事への活力となります。

 

内科・消化器内科・血液内科等 病棟 看護師(6年目)

 「入退院支援委員として患者さんの退院調整に力を入れて頑張っています」

 ■出身校:平成医療短期大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代にインターンシップに来た際に担当していただいた看護師さん、インターン先の部署の雰囲気が良く、ここで働いてみたいな、と思ったのが最初の理由でした。また、地域の基幹病院ということで専門的な知識や技術を学ぶことできると思ったこと、教育体制や新人指導が充実しているため安心して学ぶことができると思ったことも当院を就職先に選んだ理由です。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


医療の知識や技術を身につけたいと思ったのが看護師を目指すきっかけでした。看護学校に通っていた時、事前学習をしてもうまく患者さんと関わることができず悩んだことがありました。担当の看護師さんは親身になって相談にのってくれ、一緒に患者さんのケアを実践してくださりました。そこでの自分の達成感と患者さんの笑顔は忘れられません。一人で行う看護ではなくペアやチームと統一した看護が行えるようにしていきたいです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


日々業務に追われる中でも患者さんとのコミュニケーションは意識しています。検温の時はなるべく患者さんと話す時間を大切にして、さりげない仕草や何気ない日常会話も覚えているようにしています。患者さんにとって自宅とは異なる環境で過ごすことはストレスになりますし、昨年からは面会もできず、それでも治療をしなければならない状況は不安も伴います。患者さんに寄り添う、と言葉では言えますがなかなか難しいところです。でも挨拶をかわす、何気ない会話をする、その繰り返しで患者さんの本音が聞けることがありました。「あなたと話すとなんでも話せるよ」「あなたの声は聞きやすくて安心します」と患者さんや家族から言っていただけたことは自分のやりがいにつながっています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


退院支援委員として入院患者さんの早期の退院支援介入を目指し取り組んでいます。病棟全体が退院支援について考えることができるきっかけを自分が発信できるよう、カンファレンスに参加したり、外来とのカンファレンスの内容を病棟に周知する声かけをしたりするようにしています。まだ不足や未熟な部分も多いですが、患者さんが安心して退院し生活できるような関わりを心がけていきたいです。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は公園に出かけることが多いです。お弁当を作って朝から公園に行ったり、室内で遊べる場所を探して行ったりしています。子供が幼稚園に通っている間は平日に普段はできない昼寝をしたり映画を観たり、好きなものを好きな時間に食べられることがストレス発散になっています。

 

内科(神経内科・腎臓内科 等) 病棟 看護師(4年目)

 「尊敬する先輩方と頼れる後輩たちと頑張っています!!」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校 (第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代に何度も当院で実習をさせてもらいました。その際に先輩看護師が新人看護師のすぐ側で優しく、熱心に指導されている姿をみました。私もそのような教育を受け、より確かな知識、技術を身につけたいと思いました。また当院でのアルバイトも経験し、業務中ではない時間のスタッフの様子がとても明るく楽しそうな雰囲気があり、働きやすい環境でもあると感じたため当院での就職を選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私が今働いている病棟で実習をした際、忙しく働いている中でもケアをする時は患者さんの話に耳を傾けて、笑顔で丁寧に接している姿をみました。そんな先輩の下で現在は働いていますが、その時と変わらない姿でいつも働いてみえます。私はいつまでも先輩のように患者さん一人ひとりに寄り添った看護を行いたいと思っています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


看護師として働き始めた頃は、日々の業務をこなすことで精一杯でした。徐々に仕事に慣れ、患者さんの状態、思いをしっかり把握し、それぞれの患者さんに合った看護を行おうと努力しています。ある日、ラウンドをしている際に患者さんに挨拶をすると「嬉しい。今日はあなたが担当してくれるのね。あなたが担当してくれる日は安心できるの。良かった」と言ってくださった事があります。私が目指す看護師に一歩ずつ近づいているのかな、と嬉しく思いました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


4年目となった今は新人指導を行っています。今までは自分が先輩方に教えてもらった立場だったので、実際に自分が指導をするのは難しいです。新人さんたちが成長でき、安心してこの病棟で働いてもらえるようにするため、先輩方にアドバイスをもらったり、同期と作戦会議を行ったりして努力しています。逆に新人さんたちの患者さんへの丁寧な対応をみて、自分自身の対応を振り返ることもできます。今後も新人さんたちと一緒に成長していけるといいなと思っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


2年目の時に終末期にある若い患者さんを受け持ちました。患者さんは自宅へ帰りたいという希望があったので家族への技術指導、退院後のサービス利用のために多職種との連携などを行って自宅へ帰ることができるよう努めました。緩和目的のケアも行いました。しかし、患者さんは入院中に亡くなられてしまいました。その時私は(もっと早く退院に向けての準備をすすめていればよかったのか?)(担当看護師として力になれなかったのかな?)と落ち込み、後悔していました。そんな時に先輩が「大変だったね。お疲れ様。必死に頑張っていたこと分かっているよ。私だけじゃなくて他のスタッフも思ってる。家族の人も感謝していたよ」と声をかけてくれました。その言葉を聞いてからは暗い気持ちも晴れ、それまでの看護を振り返り、今後、受け持つ患者さんに対してより良い看護を提供できるようにしようと、再び頑張ることができるようになりました。今でもその言葉を思い出し、日々の業務に励んでいます。

 

循環器内科・外科・呼吸器外科 病棟 看護師(2年目)

 「患者さんに寄り添う看護をモットーに頑張っています。」  

  ■出身校:岐阜県立衛生専門学校 (第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


実習の多くを当院で行い、指導者さんや看護師の方が患者さんの話を親身になって聞いたり、患者さんの事を常に考えて看護されている姿を見て、当院ならば私が目指している寄り添った看護が出来ると思ったからです。また、出身校の先輩が多く活躍されているのを見て心強いと感じました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私が目指す看護は、患者さんに寄り添う看護です。私がプライマリーとして担当した患者さんが、退院後に「入院中は安心して過ごせました。おかげで今は元気に過ごしています」と病棟に連絡して下さった事がありました。患者さんにとって、入院生活を安心して送れるよう、寄り添うとは何かを日々考えながら勤務しています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


私が勤務している病棟では、気管切開をしている患者さんがいます。コミュニケーションはジェスチャーで行い経管栄養をしていましたが、退院に向けて、食事を経口摂取できるようになったり、発声できるようになり、「ありがとう」と伝えてくれた時にはとても嬉しく感じました。このようになるには、リハビリや栄養士さんなどの多職種の協力が必要なため、これからも情報共有を行いながら看護をしていきたいです。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


1年目は業務を覚える事に精一杯で、患者さんとの時間が不十分だと思うことがありました。しかし2年目になり、緊張していた手技もスムーズに出来るようになり、患者さんの声に耳を傾ける心の余裕が出てきて楽しいと感じるようになりました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


心不全看護をさらに学びたいです。一般的に心不全の患者さんは入退院を繰り返すことがあり、再入院している患者さんを何人か見てきました。1年目の時は入院中の様子だけに目を向けてしまいがちでしたが、心不全は生活の中での自己管理が重要になってきます。そのため、入院前後の生活の様子に目を向け情報収集し、個別性のある指導を行っていきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


コンサートに行くことが毎年の楽しみでしたが、今は安全を考慮し、配信ライブやライブDVDを見て楽しんでいます。また、友達や仲の良い同期のみんなとたくさん話してストレス発散をしています。日々の業務は忙しいため、たくさん睡眠をとり休むことに集中する日もあります。

 

 病棟 看護師(2年目)

 「新人支援、リーダー業務を頑張っています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代に当院で実習する機会が多く、多忙ななかでも患者さんに寄り添い温かい看護を提供している姿を見て、私もこの病院で働きたいと思うようになりました。また、急性期病院ということで高度な知識・技術、様々な疾患を学ぶことができると感じたからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患者さん、家族に寄り添う看護の提供を目指し日々取り組んでいます。私の病棟では心不全で入退院を繰り返す患者さんも多く、患者さんのみでなく家族を含めた支援の重要性を強く感じました。多職種と連携を図りながら退院後に向けた看護の提供に努めています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さん、家族が名前を覚えて下さり、直接「担当してもらえてよかった。安心できたよ」などと、温かいお言葉を頂いたことがありました。不安を抱えながら入院生活を送るなかで、少しでも安心して過ごすことができるようにという思いで関わり、思いが少しでも伝わったと感じることができました。今後も一日一日、日々の関わりや出会いを大事にしていきたいと感じる経験になりました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年度から新人指導を担うようになりました。今までは指導して頂く側だったため、指導者の立場になると悩むことも多いですが、親身に相談にのって下さる先輩方の力を借りながら頑張っています。新人さんの思いを踏まえながら指導ができるよう、積極的に関わることを意識しています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


リーダー業務も担うようになり、患者さんやスタッフの状況を見て判断する難しさを実感しています。先輩方のリーダーの動きを参考に、采配や状況判断から学びを深めていきたいと思います。瞬時に判断できる力とスタッフの気持ちや状況を把握し理解できるように周囲を見渡せる洞察力を強化していきます。

 

外科(脳神経外科、耳鼻咽頭科、口腔外科) 病棟 看護師(5年目)

「笑顔いっぱい患者さんのために働いています。」 

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は急性期病院のため、疾患について深く学び看護に結び付けることができると思ったからです。また学生時代にこの病院で実習することが多く、基本的な知識はもちろん、患者さんとのかかわり方や看護師同士の連携なども学ぶことができ、当院で看護師としてのキャリアを積んでいきたいと思い就職しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


高校生の時、進路に迷っていたときに母から「人と関わり、助ける仕事がいいと思うよ」と言われ、看護師になろうと思いました。看護師は患者さんと関わる機会が一番多いと思うので、信頼関係を築き、患者さんが安心して思いや希望を伝えられるような看護師を目指しています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


病棟には、脳神経外科の患者さんがみえ、その中には嚥下障害や麻痺のある方がいます。点滴などの治療に加え、リハビリを積極的に行う病棟なので、歩けなかった患者さんが、歩けるようになったり、食事を食べられるようになったりと実際に症状が改善した患者さんを見るととても嬉しく、やりがいを感じます。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


4年目から新人指導を主体としておこなっています。新人さん一人一人に個性があり、指導方法も違うので大変ですが、自分が新人時代経験したことや失敗談などを交えながら、新人さんと関り、成長速度に合わせた指導を心がけています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


自分が新人のときに、先輩から「患者さんにとっては新人もベテランの看護師も同じ看護師であり、患者さんに不利益があるようなことがあってはいけない」と言われ、とても納得しました。それから、患者さんの安全第一に考えてケアを行うこと、また患者さんそれぞれに必要な看護は何か、他スタッフに意見を聞きながら考えることができるようになりました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


忙しさから患者さんと関わる機会が少なくなっているように感じます。初心に戻り、患者さんと少しでも時間を取って関わる時間を増やしたいです。また、リーダー業務を任されることが増えたので、改めて急変対応などの知識をつけるために学習していきたいです。

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


旅行や買い物が大好きできなので、休みの日は自分の好きなことをします。仕事で辛いことがあっても、家族や同期に話すことで、リフレッシュできます。

 

外科科(整形外科・形成外科)病棟 看護師(4年目)

 「感染防止委員会リンクナースとしてチームメンバーと共に感染対策に力を入れています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


急性期医療を行っており、自分の知識・スキルを高い水準まで向上させられると思ったため岐阜県総合医療センターを就職先に選びました。教育体制が充実しており、病棟内研修や院内研修で自分の興味のあることを学べる機会がたくさんあると感じました。またPNSで先輩と協働する中で新しい気づきや学びが得られるので知識・スキルの向上に繋がると思いました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


僕がめざす看護は、患者さんの希望を達成するために解決するべき問題を明確にして、患者・家族が協力して取り組めるよう支援することです。病気と上手く付き合いながら希望を達成することは、患者さん一人の力では困難なことが多いと思うのですが、家族に上手く頼れなかったり、家族もどのようにサポートすればよいか分からなかったりすると、達成できるものもできなくなってしまいます。全員がひとつのゴールに向かって行動できるよう家族とも目標を共有し、必要な情報提供を行うことで問題を解消したいと思ったのがきっかけです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


外科病棟では消化管ストーマを造設する患者をよくみるのですが、患者さんや家族にとってストーマというのは未知の物であり受け入れが難しかったり不安が強かったりします。受け持ち看護師として患者さんや家族の不安を傾聴したり、不安を軽減できるよう情報提供したり、患者さんに合った装具を責任を持って選択したりして、退院時には不安の表出はなくなり笑顔で帰られました。その時は嬉しくて頑張ってよかったなと感じましたし、やりがいを強く感じました。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は手術直後の患者さんをみるとき、何か異常が起きたらどうしようととても不安で、異常を発見してもあたふたしてしまい上手く動けず、悔しい思いを何度もしました。しかし先輩に教えてもらいながら経験を重ねていくことで、自信をもって観察できるようになり異常時にも適切な対応ができるようになりました。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年度から初めて新人教育担当になり、指導する時はどのようにしたら新人さんに理解してもらえるか、どのようにしたらアセスメント能力を伸ばすことができるか、などを考え実践につなげています。重症患者さんの全身状態の把握やアセスメントができる看護師に憧れていて、クリティカル領域に興味があります。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


先輩がターミナル期の患者さんの手を握り涙ぐみながら傾聴している姿が今でも強く印象に残っています。新人の時は業務を覚えることに精一杯で、患者さんに寄り添うことに意識を向けられていない時期だったのですが、その姿を見て看護師の一番重要な役割はこれなのだと再認識しました。今でも患者さんと関わるときは不安が少しでも軽くなるよう寄り添うことを心がけています。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


外科病棟に配属されて4年目となり、術後の観察や経過はある程度理解できて「急性期」の看護は自信をもって行えるのですが、退院を見通した看護がまだ力不足だと認識しています。退院したらどのような問題が生じる可能性があるのかをイメージして、その問題に対して患者・家族に合った介入方法を模索して関わっていくことが自分の課題だと思っています。

Q8 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


ストレス発散として夜の散歩をよくします。家の周辺だったり、少し車を走らせて普段行かない公園まで行ったりと、場所は決めていません。夜空が好きで星を見上げながら散歩するととても気持ちがよくスッキリします。休日はあまり外出せず、YouTubeや映画鑑賞をしてゴロゴロしていることが多いです。

 

重症心身障がい児施設 病棟 看護師(2年目)

「重症心身障がい児・者との関りは難しいですがとても楽しいです。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


私は、学生のころから小児看護に携わりたいと考えていました。急性期から慢性期まで幅広く、様々な小児領域に力を入れている当院に魅力を感じました。また、当院での実習機会が多く、充実した設備や新人教育体制が整っていることを知り、この病院の看護師として働きたいという思いが強くなったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私は、「児と家族に寄り添った看護」を目指しています。重症心身障がい児とのコミュニケーションや関りが難しいからこそ、児の普段とは違い小さな変化や異常に気付ける洞察力、それを看護へと繋げる看護力の大切さを感じました。そして、児だけでなく家族の思いや考えを含めて一緒に関わっていきたいと考えています。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


すこやかでは、人工呼吸器やモニターのアラームなど医療機器音が響き、児から言葉が発せられることがほとんどありません。喜怒哀楽の表現や意志の表出が乏しいという特徴があり、私はコミュニケーションの難しさを感じていました。その中でも、時間をかけた丁寧な関わりを通して、個々で異なる僅かな表情の変化や心拍数の変化などから、児の訴えを読み取ることの術を学びました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


私は、人工呼吸についての知識・技術をさらに深めたいと考えています。そのため、勉強会や研修に積極的に参加できるように努めています。疑問や不安な点があれば、自分で学習し解決したり、先輩看護師から指導をしていただき、知識・技術を深めています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


2年目となり、短期入所(レスパイト)を担当することが多くなってきました。長期入所とは異なり、短期入所は自宅での生活が主であるため、入所期間も短く入所児の特徴理解が難しいです。重症心身障がい児・者と関わるうえで、その疾患そのものの理解と同時に、疾患による身体の変化や拘縮などから引き起こされる二次的障害を十分理解することが必要となってくるため、今後の関りの中でさらに深めていきたいです。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


コロナ過で外出する機会は減りましたが、同期や看護学校の友人と会って会話することはとても息抜きになっています。また、休日は家で映画やドラマを見たりと、のんびり過ごすことも多いです。

 

内科(呼吸器・糖尿病・血液等) 病棟 看護師(7年目)

「年度は教育担当となったので、病棟内のレベルアップを頑張っています」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生の時に実習で当院の様々な病棟を訪れました。どの病棟においても看護師の笑顔と活気があり、学生に対しても優しい雰囲気でした。就職して私もこの病院の一員になって、患者さんをはじめ、周囲に元気を届けたいと考え就職先に選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


『患者さんのよき理解者』を目指して日々働いています。個別性と一言にまとめてしまうと簡単ですが、患者さん一人一人とのコミュニケーションから、患者さんに必要な看護は何だろうとカンファレンスで先輩看護師が考えられている姿を見て、私も患者さんのよき理解者になって看護をしたいと思いました。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


当病棟の患者さんは化学療法などの治療のため入退院を繰り返される方が多いです。そんな中、看護師というひとくくりではなく、私を認識して話をしてくださる患者さんもいらっしゃいます。なにげない一言の中に『ありがとう〇〇さん。』『〇〇さんだから、お話できたわ、また相談させてね。』等、患者さんより温かいお言葉を頂戴する際に嬉しく感じます。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


急性期病院ということもあり、また、複合科なので、入職してから数年は日々の業務を乗り越えることに必死でした。看護師4年目以降は新人支援や後輩指導・実施指導者等、自分のことのみならず、他者に目を向け、病棟内の看護力の向上に貢献できるようになった自分に自己の成長を実感できました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


私の課題は仕事を分担し、後輩の育成を行うことです。請け負った仕事を他者に協力を仰ぎ、依頼することが苦手で、教えることも大変だと考えていました。しかし、自分が経験を積むと共に、看護の向上のためには、後輩育成も大切であると学び、現在は課題の克服のために努力しています。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


自粛前は病棟の仲間と一緒にモーニングやランチ・カラオケ等へ赴きリフレッシュを行っていました。趣味は読書やゲームなので、休日はずっとPCやswitchでゲームをしています。病棟の仲間も漫画やゲーム好きなスタッフが多いので、今期のアニメの話や漫画の貸し借りを行い業務外の時間はオンオフを切り替えて趣味の話で盛り上がっています。

 

中央手術部 看護師(2年目)

「患者さんに寄り添う看護を目指しています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代に実習で様々な病院で学ばせて頂き、その一つに当院がありました。実習をして、三次救急を担っており多様な診療科もあり、多くの経験を積むことができると思った為、当院を選びました。また、教育体制も充実しており、確実な技術知識を習得することも理由となりました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私は患者さんに寄り添える看護を目指しています。多くの患者さんは不安や恐怖を感じながら手術室にみえます。中には不安や痛みを自ら表出できない患者さんもいます。患者さんの訴えだけで判断するのではなく、表情、バイタルサインなどをみて患者さんの思いをくみ取り、寄り添えるよう日々努力しています。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


入職して配属されたのが、手術室でした。入職時は、手術器具の名前や手術の流れなど覚えることなど自分の事に必死で、患者さんの表情やモニターなど気にかけれない時もあり、先輩にフォローしていただけていました。1年間経験、知識を積み、2年目になり外回り看護師の業務も行えるようになりました。患者さんの表情や状態を観察できる視野が広がってきたと感じています。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


現在、様々な診療科の手術につけるようになりました。来年にはエルダー、再来年には新人指導として後輩に関わっていくことになります。その為にも、今から根拠などを一つ一つ理解し身につけていきたいと思います。また、後輩と一緒に手術につくこともあるため、協力して行えるように声かけなど意識して行っていきたいです。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は、お出かけすることもありますが、家でゆっくり過ごすこともよくあります。SNSなどで調べ、おいしいご飯を作り楽しみ、夜はお酒を飲みながら撮りためているドラマを見る事で、リフレッシュしています。また仕事の日は、帰りの道中に同期や先輩と話してストレス発散しています。

 

救命救急センター 看護師(11年目)

「日々成長!」

 ■出身校:岐阜県立下呂看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


私は看護学生の頃から救急領域で働きたいと思っていました。当時働いていた職場の先輩が、当病院の救命救急センターで2年間働いていた時の話を聞き、職場の働きやすさと高度医療を提供している当病院で働いてみたいと思い、就職を決めました。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


主に高侵襲手術術後・院内急変後などの院内で重症・集中ケアを必要とされる患者さんを看させていただいています。知識技術はもちろん、異常を察知し起こりえることを予測しながらケアを実践する力が求められます。患者さんに必要なケア・看護は何かを他職種を交えて考え、実践し結果が得られた時にはとてもやりがいを感じます。

 

Q3 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


当病棟へ配属された際に、血液ガスデータと胸部レントゲン結果で、看護のケアの質が分かるのだと先輩から教わりました。血液ガスデータのチェックの時は毎回緊張していたのを覚えています。前勤務のガス結果よりも良くなった時にはとても嬉しく感じましたし、報告の際に「頑張ったね」と声をかけてもらえて、自分が実践したことが結果として反映され、評価してもらえたことで「もっと頑張ろう」という気持ちになりました。その時の先輩の立ち位置が今の私の立場になると思うので、先輩にしてもらったことを、今度は後輩たちに声に出して伝えてあげようと思います。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


救急領域で働くことがずっと夢であり、学生の頃からその領域での資格取得を目標にして勉強しているので、その夢が叶うといいなと思っています。自分が得た知識を惜しみなく後輩へ伝え実践へ活かすことができるように、また、個々のレベルに応じた指導方法・接し方についても私に足りない所なので、臨床で先輩方から吸収していきたいです。目標とする先輩が多く働いてみえるので、とても恵まれた環境だと思っています。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日はほぼ寝ています。20時間くらい寝ていることもしばしば…。連休の時は実家に帰り、家族と犬に癒されています。アロマの資格も持っているので、その日の気分に合わせて精油を調合したりして香りでリフレッシュしています。仕事と休日のON-OFFをつけることを意識しています。

 

外来 看護師(9年目)

「いつも和気あいあい仕事をしています!」

 ■出身校:岐阜市立第二看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


実習で小児看護に興味を持ち、就職を考えたとき小児看護に力を入れている当院のことを知りました。また、当院は急性期病院であること教育面が整っていることを聞き看護師としてのスキルアップや自己の成長ができると考え就職を決めました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私自身、我が子の突然の入院を経験し今後子どもがどうなっていくのか?自分の仕事は続けられるのか?等考えることが多く、とても辛かったです。初めて自分自身が、看護される側になり家族がこんなに不安な思いをしているのかと実感しました。私が体験したように、突然の治療や検査などの入院が必要になり、不安や心配を抱える患者さんやその家族を少しでも支えることができる看護をめざしています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


小さくして産まれた患者さんや疾患がある患者さんが治療・入院を経て在宅へ帰り、成長した姿を通院時に感じられることが、とてもうれしく思います。まるで、親戚のおばさんのように児の成長を日々感じています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


自己の取り組みとして、児童虐待に対する看護について学習をしています。
当センターは、虐待の拠点病院であるため外来や救急外来で子どもやその家族の対応をする場合もあります。対応する家族には様々な社会背景があるため、子どもだけではなくその家族への支援をしていくことが大切です。病棟とは異なり短時間での関わりになることも多いですが、少しでも寄り添える看護師になるため、研修への参加をして学習した内容をスタッフにも共有し、みんなで支えていけるように日々頑張っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


育児休業後に外来に復帰となり、長期通院されている患者さんや初めて受診される患者さんやその家族の方へ対応する中で、自分自身もどのように対応すればいいのか戸惑う場面が多かったです。その中でも先輩方が対応する時、自分だけの情報収集ではなく患者さんやその家族へどんな思いなのか等を気軽に話しやすい環境作りもしていることを学びました。なかなか先輩のようにはできませんが、日々の業務でも意識をして対応できるように努力しています。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


外来は子育てをしている方が多いので、話す内容がとても分かり合えることばかりです。正直、家にいるよりも仕事に来ていることがリフレッシュとストレス発散になっています。休日の過ごし方は、子どもとゲームをしたり公園で遊んだりと過ごしています。