Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > 先輩の声

先輩看護師の声

わたしたちと一緒に働きましょう!!

 

救命救急センター 看護師(2年目)

「患者さん・スタッフから信頼される看護師に!」

 出身校:岐阜医療科学大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


当院は急性期病院であり、様々な患者さんが入院し多くの知識と技術を身に着けることができると思い、当院を就職先に選びました。また、家族が入院したことがあり、その際に担当してくださった看護師さんたちによくしていただいたことがとても印象に残っており、当院を選んだ理由の一つでもあります。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。

患者さんの思いを第一に考えて看護をすることです。私が勤務するICUに入院されている患者さんは人工呼吸器が装着されているなどでうまくコミュニケーションがとれない方もいます。慣れない環境下で不安も大きく、ストレスを感じている患者さんも多くいます。なるべく患者さんの思いの傾聴や不安の軽減に繋げられるように最善の方法を考えて看護を提供していきたいです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


手術後に人工呼吸器を装着していた患者さんを受け持った時のことです。患者さんにとって少しでも快適に過ごしていただけるように思いや要望を聞いたり、環境を整えたりして関わりました。後日、先輩から「患者さんがありがとうと伝えてくださいととても感謝していたよ」と言われたことがとてもうれしく印象に残っています。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は目の前の業務をこなすことだけで精一杯でした。タイムスケジュールもうまく立てることが出来ず、日々業務に追われていました。しかし、先輩から助言や先輩のタイムスケジュールの立て方・優先順位のつけ方を教わり、一年間経験を積み重ねていくにつれ優先順位を考えて行動できるようになり、成長したと実感しました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


ICUは様々な診療科の患者さんが入院します。疾患や看護についてまだまだ知識不足、技術不足であるため、どんな状況にも対応できるよう専門的知識を高めていきたいと思っています。自分自身のスキルアップのため日々継続して自己研鑽に努めていきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は家でのんびりすることもありますが休みが合えば仲のいい友人と遊んだりしています。最近はオンライン飲み会なども楽しみの一つです。また、給料が入った際は買い物にいくなどしてお金をつかうことでストレス発散しています。

 

外科(脳神経外科、耳鼻咽喉科、口腔外科) 病棟  看護師(2年目)

「患者さんの願いを叶えられる看護を目指します」

 出身校:敦賀市立看護大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


学生時代の尊敬する先生が元々働いていた場所であることがきっかけでした。実際にインターンで先輩方が明るい表情で働かれている現場を見たことや、新人に対しての教育プログラムが整っていることを知り、この病院で働きたいと思いました。

Q2 めざす看護について教えてください。


患者さんの思いに寄り添い、安心して入院生活を過ごすことができる看護を目指しています。最初は業務を覚えること、慣れることに追われ、患者さんの思いを聞くということが出来ていませんでしたが、先輩が忙しい中でも患者さんの思いを傾聴し、思いを実現できるよう関わっている姿をみて、改めて患者さんの思いに寄り添うことの大切さを学び、心がけています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


脳出血の後遺症により四肢に麻痺が残存された患者さんを受け持った際、患者さんは車椅子への移乗も介助が必要な状態でした。患者さんはもう一度キッチンに立ってお孫さんのために料理を振る舞いたいという希望があり、その希望に近づくことができるよう、下肢の筋力訓練等を行い、歩行器を使用して歩くことができる状態まで回復することができました。退院日には、私に感謝の言葉をかけてくださいました。このように自分の介入により回復していく姿を見ることができること、患者さんから感謝の言葉をいただいた際に看護師としてのやりがいを感じることができました。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


病棟の日々の業務を覚えること、こなすことでいっぱいいっぱいになってしまい、患者さんのお話をしっかり聞いたり、気持ちに寄り添うことが疎かになってしまっていました。しかし、日々の業務にも慣れてきて、忙しい中でも患者さんの話を聞くことができるようになりました。退院日に患者さんから、よくしてもらえたから最後に挨拶したかったと、私の姿を探してもらえるまでに患者さんとの関係を構築できた際に、成長できたと感じることができました。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


脳神経外科では、脳出血や脳梗塞により高次脳機能障害や四肢に麻痺が残存された患者さんが多く入院されます。高次脳機能障害や麻痺がある中でも元の生活に戻れるよう、患者さんの希望に近づくことができるようリハビリ等看護介入していますが、先輩方からアドバイスをいただくなど力を貸していただいている状態です。自分でも高次脳機能障害や麻痺について勉強を深めていき、患者さんの希望に近づくことができるよう看護介入していきたいと考えます。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


私は看護計画を立てるのに日にちがかかっていました。その時に先輩から、「看護計画が中々立たないことで、患者さんは本来受けるべき看護を受けられなくなってしまう。あなたが受け持つことによって患者さんに不利益があってはいけないし、新人のあなたが見ても先輩が見ても同じ看護を提供できるようにならなければならない」と教えられました。この言葉を頂いて以来、先輩方と同じ質の看護を提供することができるように、若手であることを言い訳にしないように心がけています。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


新人の期間を通して、日々の業務に慣れてはきましたが、まだまだ自分は知識不足であると考えます。急変時などに機敏に動くことができなかったり、受け持ちの看護診断の立案の際など、先輩方に知識や日々の業務の中でフォローしていただくことばかりです。部署のメンバーとして少しでも役立てるよう、また高めた知識、技術を患者さんに還元することができるように自己研鑽していきたいと考えます。

Q8 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休みの日には所属している草野球チームで野球をして思い切り体を動かしてリフレッシュしています。また、同じ部署の先輩や同期とご飯に行っています。仕事で悩んでいることを相談できたり、仕事以外の話もたくさんできて、とても楽しく過ごすことができています。

 

産科 病棟 助産師(2年目)

「女性と赤ちゃんに寄り添います!」

 出身校:岐阜県立看護大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


私が岐阜県総合医療センターに就職しようと考えた理由は、産科単科の総合周産期母子医療センターであり、より専門的なことを学ぶことができると考えたためです。実際に就職してみて、PNSで先輩と一緒に働かせていただくことで技術や関わりを学ばせていただいたり、タイムリーに振り返りをしていただいています。病棟はお母さんと赤ちゃんへの愛情で溢れており、その中の一員として働けることに誇りを感じています。

 

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私が目指す看護は心に寄り添う看護です。妊娠・出産で妊婦さんや産婦さんと関わるたびに同じものはなく一人ひとり違うものだと感じます。皆さんがどのようにして生きてきたのか、どのようにして家族と過ごしているのか、妊娠・出産に対してどのような思いがあるのかに思いを合わせて関わることの大切さを日々感じています。相手の生活に思いを合わせて寄り添うことで、それぞれの人にとって幸せなお産になるようにサポートしていきたいです。

 

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


MFICU病棟に配属されてからお産に関わらせていただくようになりました。分娩経過が長く一緒に頑張っていた産婦さんから「あなたにお産を取り上げてもらえてよかった、私の娘もぜひ助産師さんになってもらうわ」とおっしゃっていただいたときや後日お手紙を頂いたりしたときは、嬉しかったです。これからもお母さんと赤ちゃんに寄り添って頑張ろうと思いました。お母さんと赤ちゃんの笑顔は私の原動力です。

 

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


切迫早産で長期入院していた患者さんが出産し退院するときに「すごくたくましく頼りがいがあるようになったね、成長したね」と声をかけていただいたときに、1年前の自分からの成長を感じました。患者様からの声かけはとても励みになります。これからも成長できるように、日々勉強していきたいと思います。

 

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


私が今興味を持っていることは、後輩指導です。来年になったらエルダーになります。私は先輩方に進捗状況を一緒に確認していただいたり相談に乗ってもらうことで自分の改善点や強みを明らかにすることができました。そのため、私も後輩の話を聞き一緒に振り返りをしていきたいです。

 

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


緊急時に迅速に対応できるようになることです。私は現在MFICU病棟で勤務しています。MFICU病棟ではお産や緊急帝王切開の場面にあたる機会が多いです。そのような場面で先輩方は迅速に対応しながらもお母さん達が不安にならないように優しく声かけをされており、憧れです。私も日々勉強や振り返りをして、先輩方のように迅速に対応しながらもお母さん達が安心できるような対応ができるようになりたです。

 

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は、お産の振り返りや研修に行っています。研修に行くことは様々な考え方に触れることができ刺激になります。その他には、おいしいケーキ屋さんを探し甘いものを食べることがリフレッシュになっています。夜勤明けや休日にケーキ屋さん巡りをします。特にフルーツタルトには目がなく、今は郡上にあるケーキ屋さんに行きたいと思っています。

 

婦人科・外科(乳腺、形成)・内科(消化器 等) 病棟 看護師(2年目)

「尊敬するような先輩方のような看護師を目指して頑張っています」

 ■出身校:福井大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


当院は急性期病院であり、様々な患者さんが入院してくるため多くの症例を学ぶことができると思いました。また、教育体制が整っており、看護師として成長できる環境が整っていると思ったからです。実際に、実地指導者やエルダーの先輩方をはじめ、部署の先輩方が丁寧に指導してくださり、日々多くのことを学ばせていただいています。さらに、がん看護に興味があったことから、地域がん診療連携拠点病院である当院では、興味のある分野に関しても、多くの知識を身につけることができると考えたからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


先輩から、自分だったらどう?といった質問をいただくことがありました。その時私は、業務ばかりに目を取られており、患者さんの立場になって物事を考えることができていませんでした。患者さんは、疾患のため入院を余儀なくされていますが、何もかも制限される必要はありません。患者さんの立場になって、必要なケアや看護技術を行い、一つ一つの言動に関しても心配りができる看護師になりたいです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


自分のちょっとした気づきが、患者さんの苦痛を取り除いたり、より良い方向へ導いたり、患者さんからの感謝につながった時などに、看護師としてのやりがいを感じます。治療に直接関係することばかりでなく、病室内の環境整備などの些細な気づきであっても、患者さんから「治療に前向きになれる」といった言葉につながった経験もあり、その時はとても嬉しかったです。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


患者さんに何か起きてしまってからではなく、疾患や術式・患者さんの状態から起こりうる問題を予測し、事前に対処することで、問題発生を予防できたときです。新人の時は、知識や経験の浅さから、予防的介入ができていませんでしたが、2年目になり、少しずつではありますが、起こりうる問題が見えるようになってきました。これからも多くの経験を積み、予測・予防できる看護師になりたいです。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


新人の時は、自分のことで精一杯でしたが、業務においても少しずつ余裕ができてきたので、自分のことだけでなく、部署の一員として委員会活動や係活動に積極的に取り組むよう頑張っています。まだまだ分からないことばかりですが、先輩方にアドバイスをいただきながら取り組んでいます。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


先輩の「ケアは患者さんと関わる絶好のチャンスだからケアの時間を大切にしている」という言葉がとても印象深く残っています。清潔ケアなどは、時間や体力を必要とするので、今までは業務的にケアを行っていました。しかし、この言葉を聞いてからできる限り時間を作り、患者さんを知るために、患者さんとのケアの時間を大切にするよう心がけています。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


まだまだ知識・経験不足で、日々の業務を終えることに精一杯ですが、少しずつできることも増え、余裕を持って行動することができるようになってきました。今後は、業務を終えて満足するのではなく、より良い看護の実践にむけて、日々の振り返りを行い、自身の短所・長所を明確にし、意識・改善していきたいです。

Q8 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


同期や先輩とご飯へ行き、仕事での悩みを共有・相談したり、プライベートについても話したりすることでストレスを解消しています。休日には、ドライブをして過ごすことが多いです。また、実家に帰り、家族と一緒に過ごすことも気分転換になります。

 

内科(呼吸器、糖尿病、血液 等) 病棟 看護師(9年目)

「最高のスタッフと雰囲気の良い病棟が自慢です!」

 ■出身校:岐阜県立看護大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


当院は高度な医療を提供しており、地域の拠点となっている病院です。また、十分な研修体制が整っています。そのような病院で学ぶことで、今後何十年も務めることになる看護師としての技術や知識を十分に身に付けていけると感じたためです。

 

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


看護師は医師よりも患者さんと接する時間が長いため、患者さんのちょっとした仕草や言動の変化から、体調の悪化を迅速に発見できる可能性が高いと感じています。私は人と接することが好きなので、患者さんやその家族とコミュニケーションを取りながら、よりよい信頼関係を築き、医師が気付きづらい患者さんの体調の変化を敏感に感じ取れるような看護師になることを目指しています。

 

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんが退院した後も、外来受診の時などに病棟に足を運び、私に笑顔で「入院している時はあなたのおかげで元気が出たよ」や「これからも頑張ってね」と声をかけてくれる方がいます。患者さんは様々なストレスや辛さを感じながら、入院という一大イベントを経験します。その中で、自分の存在が少しでも患者さんにとってプラスになっていたのだと感じることができた瞬間であり、とてもうれしかったです。

 

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


呼吸療法認定士の資格の勉強をし、無事取得することができました。そこで得た知識を基に、新人さんを中心に勉強会を開催したり、一貫した呼吸器看護の技術が提供できるようなラダー作りを行っています。このラダーが定着すれば、新人さんや異動で配属となったスタッフなどにも一貫した指導ができるようになり、個々のレベルに合わせた指導体制が整うと考えています。

 

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は生まれたばかりの子どもと散歩に行ったり、音楽を歌って聞かせたりして遊んでいます。子どもが寝ている時は同僚とネット通信で携帯ゲームをしてリフレッシュをしています。子どもの笑顔や泣き声でさえも、私にとっては最高の癒しとなっています。

 

救命救急センター 看護師(14年目)

 「常に穏やかに 常に笑顔で」

 ■出身校:名古屋市立大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


8年前、名古屋から引っ越してきました。名古屋では脳外科病棟に勤務しており、脳外科領域しか知りませんでした。自分のスキルアップのため、救命で働きたいと考えていました。しかし、就職先を決める際、岐阜のことは何も知らなかったので、各務原出身の妻や家族に相談したところ、地域で信頼されている急性期病院と聞いて決めました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


脳外科にいた経験を活かして、救命病床における脳外科看護を頑張っています。救命では意識レベルや麻痺にフォーカスが向きがちですが、それだけではなく、失認や失行などの高次脳機能障害を評価し日々の看護に活かすようにしています。救命でしっかりと把握しておけば、病棟でもスムーズに看護に活かすことができ、継続看護に繋がると考え、実践、指導をしています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


中途採用で当センターへ就職しました。救命救急センター所属で学ぶことが多く、教えてもらう側でしたが、徐々に慣れていき、病棟の教育やリーダーを任されたことで自分が認められた、成長したと感じることができました。今では自分のことを必要としていると言ってくれる仲間に囲まれて働くことができ、恵まれており幸せだと思っています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年は後輩指導担当として新人教育に携わっています。新人だけでなく指導者のフォローもしており、彼らの気持ちを把握し尊重しながら、新人・指導者それぞれの教育に取り組んでいます。かつて、自分が新人や指導者になりたての頃、支援してくれた先輩を目標に頑張っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


数年前に目標を見失ってしまったことがありました。それに気付いた先輩が励ましてくれたことです。自分のことをよく理解してくれて、言いにくいことも言ってくれました。私が病棟の仲間からスタッフとして、リーダーとして何が求められているのかということを気付かせてくれ、立ち直ることができました。その先輩のおかげで今の私があると思っています。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


筋トレすることです。少しずつコツコツと積み重ねて、結果が出たときには達成感があります。また、身体だけでなく、精神的にも落ち着いたり、成長したりと様々な効果があると言われており、看護師の私には必要なことだと考えています。休日や夜勤明けには病棟の仲間と共に合同トレーニングを行っています。初めは健康維持のため始めたのですが、とても奥が深くて楽しいため、今では筋トレの魅力に取りつかれています。

 

外科(泌尿器、皮膚)・内科(呼吸器、消化器) 混合病棟 看護師(26年目)

 「目指せ。泌尿器科スペシャルナース!」

 ■出身校:愛知医科大学付属看護専門学校

      (現 愛知医科大学看護学科)


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


「もう一度現場に復帰したい!」その思いが高まったそんな時、ご縁があり、愛知の地から岐阜への転居がきまりました。現在の住まいから一番近い総合病院、中途教育カリキュラム体制が充実している病院を探している中、当センターの存在を知りました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


看護師を目指すきっかけは幼少の頃に医療がいきわたっていない地域へ出向き医療の提供をしているテレビを見たのがきっかけでした。看護師さんが夏の暑い中環境の良くない地域で病気と闘う子供達へ向けた笑顔が忘れられずこんな笑顔のできる看護師になりたいと思ったのがきっかけでした。いつも笑顔を絶やさず患者さんに勇気と希望を与えられる看護を目指しています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


闘病生活を送っている患者様から、「いつもありがとう!」「看護師さんの笑顔みていると元気になるよ」といわれると、看護師冥利につきる!!と思えます。またケアをした後に、”にこっ”と笑顔を見せてくれた時あーっ看護師やっててよかったなあって思います。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


当センターに同期で入職した同僚(かなり年は違いますが、、)に、私が仕事上のことで落ち込んでいる時に「何悩んでいるんですか?私が患者さんだったらあなたに看護されたい!だから、そんなに落ち込まないでください!仕事続けてください。私たちのお手本になってください!」と言ってくれました。本当にかわいい後輩同僚に救われました。私でもこうやって思ってくれる子がいるということが、ここでの私の糧となっています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


現在の病棟が泌尿器科なので、今は排尿自立支援に関して力をいれています。なかなか病院外研修がうけられない中なので、オンラインなど利用して勉強し知識をつけていきたいと思っています。

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


断然、野球観戦です!!(高校野球最高ですよね!)
子供が野球をやっているので、はりきって踊って叫んでストレス発散しています。
今年に入ってからは、なかなか応援もできない環境になってきたので、そういう時はとにかく体を動かすことが好きなので、おうち時間にYouTubeの動画で体を動かしています。あとは、腹筋など・・すっきりしますよ!!

 

新生児集中治療室(NICU) 病棟 看護師(5年目)

 「ご家族の思いに寄り添いながら小さな祈りを守ります。」

 ■出身校:平成医療短期大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


当院が小児医療に力を入れているからです。幼いころから小児科の看護師になりたいと思っていたので、小児の急性期看護を学べる当院に魅力を感じました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患者様にとって安全で、ご家族にとって安心できる看護を目指しています。
ご家族にとって生まれた時から赤ちゃんと離れ離れになり、入院することはとてもつらいことだと思うのでその思いに寄り添いながら、少しでも安心してもらえるように努めています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


新生児センターに異動して、超低出生体重児を受け持った時のことです。自分の知識も少なく、新生児看護の難しさを感じていた時に先輩方に助けていただきながら、看護介入を行いました。
その患者様が退院されるときに、ご家族から「受け持ち看護師があなたでよかった」とお手紙をいただいたことでもっと知識を身につけ、新生児看護を頑張ろうと思いました。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


小児科勤務のとき、はじめて気管切開した児を受け持った時のことです。初めて重症な患者さんを受けもち、戸惑いや患者さんへの看護で不安を感じることも多くありました。
師長さんをはじめ、PNSパートナーの先輩や病棟の先輩方が一緒に考え看護実践をサポートしてくださいました。先輩方が支えてくださったことで、より患者さんのことを考え看護する大切さと学びました。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


コンサートに行くことと、旅行に行くことです。
夏季休暇を取得することができるので、休みは思いっきり楽しむことで、その分仕事も頑張ろうと思えます。

 

内科(循環器 等)・外科(眼科、脳神経 等) 混合病棟 看護師(2年目)

 「患者さんの思いに寄り添える看護を目指して頑張っています」  

  ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


学生時代に当院で一番多く実習をしました。急性期病院ということで高度な技術や知識、的確な判断が求められることを学び、わたしもそんな看護師になりたいと思いました。また、どの病棟に実習に行っても雰囲気がよく、学生に対しても根拠のある看護ができるように指導的な関りをしてくださり看護師として成長していくうえで最適な環境であると感じたからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


コミュニケーションをする中で何気ない一言や非言語的な部分から思いを大切にすることができる看護師になりたいです。私がまだ学生の頃、疾患の影響で言語的コミュニケーションが困難な患者さんを受けもち、はじめは戸惑いました。痛みや不快なことがあると顔をしかめたりされていましたが、手を握ったり声をかけることで顔が少し穏やかになりました。このような関りから言語的コミュニケーションが困難な患者さんでも非言語的な部分から患者さんの思いを知り、患者さんに寄り添う看護を大切にしたいと思いました。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


自分で成長できたと実感することは少ないですが、2年目になり患者さんに「あなたの顔をみると安心できる。」と言われたり、先輩に「声かけ上手になったね。よかったよ。」と声をかけていただき、仕事を覚えるだけで精一杯だった1年目から患者さんの思いに寄り添う看護を心がけ、少し成長したと実感しました。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


先輩は自宅に帰りたい患者さんに対して退院後に何が必要か患者さんの希望を取り入れながら必要な看護を考え、早期に他職種と連携し介入していました。介入の結果、自宅退院ができた患者さんはとても笑顔でした。患者さんの希望をすべて叶えることは難しいということも学びましたが、看護の力で少しでも患者さんの思いや希望に寄り添っていきたいと、より強く感じた事例でした。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


退院後の生活を考えた看護を行うことです。私は退院後の生活を見据えた看護を行うことが苦手です。しかし先輩方は退院後の生活を見据え早期に患者さんや家族とコミュニケーションを行い、思いをふまえたうえで多職種への働きかけや指導を行っています。私もそんな看護を行えるようになることが目標です。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


友達とご飯に行って話をしたり、体を動かしたり、映画を見たりして過ごしています。悩みや沈んだ気もちを次の勤務にもちこまないように休みの日は仕事のことは忘れてリフレッシュするようにしています。

 

外科・整形外科・形成外科 病棟 看護師(1年目)

 「患者さんを理解するための学習を日々頑張っています」

 ■出身校:岐阜県立下呂看護学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


診療科が多く、様々な疾患の知識を学べることと、インターシップに参加した際、看護師の方から、新人教育体制や研修会が充実していることを教えてもらい、ここの病院なら基礎的な看護技術、知識を身に着けられると思い就職先に決めました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


学生の時に脳疾患による影響でコミュニケーションが困難な患者さんを受け持ちました。最初は話せない方とどのようにコミュニケーションをとろうかと日々悩みました。しかし、指導者さんに「訪室して話しかけたり、いっしょの空間にいるだけでも十分コミュニケーションがとれるよ。」といわれました。助言を受けてから、できるだけ一緒の空間でいるようにしました。すると、患者さんも何か伝えたそうに口を動かしたりしていて、全体をよく見ると体勢がくずれていたり、吸引をした後で辛いことを訴えようとしていたり患者さんの伝えたいことが伝わるようになりました。患者さんを通して、コミュニケーションが口だけではないこと、患者さんの伝えたいことを考え、常にケアやかかわりをしていく必要があるのだと学び、そこから私の目指したい看護へとなりました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


部署に配属されてまだ数か月の頃、虫垂炎の患者さんを受け持つことがありました。以前から何度も受け持っており、その日も退室時にナースコールの置き場所を説明しました。数分後にその方からナースコールがあり訪室すると、トイレに行きたいとのことでした。今までナースコールで呼んでくださったことがなかったので、とても驚きました。しかし、その反面患者さんに伝わる説明をすれば、理解してくださるのだと思い、私の中でとてもやりがいを感じたできごとでした。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


部署に配属されて数か月しか経ってないので、今は業務を覚えることを頑張っています。しかし、患者さんが治療していく中で、疾患や治療方法の理解がまだ追い付いていないので、自己で学習をし、理解できるようにしています。また、少しでもケアや看護技術が上達するよう、指導いただいたことから手技の根拠や、動作のイメージトレーニングなどをして、日々一生懸命頑張っています。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


 最初のうちは、休日も仕事をうまくやるにはどうしたらいいか悩み、考え込んでいることが多かったですが、今は友人と買い物をしたり、食事をしたりしています。同じ部署に配属された同期ともみんなで時間が合えばご飯を食べに行ったりしています。私の中で、誰かと一緒に過ごし、たわいもない話をすることがストレス発散方法でもあるので、気分転換をして休日は過ごしています。

 

内科(腎臓、脳神経)・脳神経外科 病棟 看護師(2年目)

「皆さんに支えてもらいながら、日々成長できています」 

 ■出身校:大垣市医師会看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


父が当院に入院した際に、面会時にどんなに忙しくても一人一人の患者さんに優しく接する場面を何度もみているうちに、自分もこのような環境で働くことで患者さんに優しく、良い看護が出来ると思いました。また、急性期病院であることから、最先端の医療、看護が学べることで知識、技術の向上につながると考え志望しました。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


入院中に関わった患者さんが退院後、外来通院で出会った時に手を振ってくださり、笑顔で「入院中はお世話になりました」と言われた時です。入院している患者さんには、「顔をみるだけで今日も安心」と言われたことです。自分がやってきた看護が間違っていなかったと思いました。今後も、関わる患者さんに優しく感謝されるように努めていきたいです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


入職時は日々の業務がなかなか覚えることが出来ずにいました。先輩に支えてもらいながら半年ほどすぎたころに先輩から手紙をもらいました。最初は見ていて不安だったけど、急成長したと書かれていました。看護技術では静脈留置針が苦手でした。先輩には、失敗する原因がわかるまでマンツーマンで指導していただきました。今では失敗は少なくなり自信を持って取り組むことができるようになりました。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


勤務する病棟は脳神経内科、腎臓内科が主な診療科です。まだまだ疾患、看護に対する知識も不足しています。わからないことは聞くばかりでなく、良い看護を行うため自己学習をして知識を増やして力をつけて行く必要があります。また、ナーシングスキル、学研ナーシングを活用して知識、技術の向上に努めています。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


幼稚園に通う子どもがいます。休日には近くの公園へ遊びに行ったり、子どもが大好きな電車を見に行っています。家族と休みが合わない日には、一人でデパ地下へ行き、おいしい惣菜、スイーツを買っています。毎日取り組んでいることは、雨の日以外はほぼ毎日ランニングをしています。

 

内科(呼吸器、糖尿病、血液 等) 病棟 看護師(3年目)

「患者さんや家族を笑顔にできる関わりをしたいです」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


学生の時の実習で当院に来る機会が多く、雰囲気の良さに惹かれました。また、地域密着型急性期病院であること、多くの診療科があることから自己の成長に繋がると考え就職先に選びました。 

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私の勤務する病棟は糖尿病の教育入院で入院してみえる患者さんがいます。対象の患者さんの生活背景をしっかり確認し、個別性のある指導を行うことで、より糖尿病とうまく生活できると考えているため個別性のある看護を行えるよう意識しています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


胸腔ドレンが挿入され、入浴できない患者さんがみえました。洗髪してほしいと頼まれ、洗髪を実施したら「本当にありがとう。さっぱりした。生きててよかった。このこと絶対に忘れません。」と私に声をかけて下さいました。その言葉が本当に嬉しく、実施してよかったなと心から思いました。そして、患者さんの希望を叶えられる看護師になりたいと思いました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


3年目は新人看護師の精神面での相談や支援を行うエルダーという役割を担っています。私が新人だった時にエルダーの先輩にたくさん助けていただいたので、私も新人さんを助けられるよう心がけて関わっています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


 新人の時に、仕事量が多く慌ててしまうことが多々ありました。インシデントを起こしてしまい辞めたくなる時期もありました。そんな時にエルダーの3年目の先輩に相談し悩みを聞いて下さいました。私の気持ちを傾聴し、どうしたらよいかを明確に教えて下さり頑張ろうと思えるようになりました。そして私もあんな風にサポートできる先輩になりたいと思いました。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は家で動画や漫画を見て自分の時間を楽しんだり、友人と遊んだりしています。同期や専門学生の時の友人とは、仕事での悩みをたくさん話してリフレッシュしています。また、買い物が好きなので、給料日には買い物をし、ストレス発散をしています。

 

婦人科・外科(乳腺、形成)・内科(消化器 等) 病棟 看護師(5年目)

「患者さんとの関りを大切にして看護をしていきたいです」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


学生の時に当院で一番多く実習をさせていただき、教育体制もしっかりしていると聞き就職先として選びました。また、実習の際に実習担当の看護師さんが、患者さんと優しく、丁寧にかかわっている姿をみて自分もこんな看護をしたいなと思い当院への入職を決めました。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんと関わる中で、患者さんが悩んでいることなどを一緒に聞くことができ、住み慣れた自宅で過ごすことができるように多職種と調整を行ったりと、患者さんの近くにいる看護師だからできることだと思い日々やりがいを感じています。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は日々の業務に精一杯であり、なかなか患者さんの今後について考えることができずにいました。現在は少しずつではありますが、患者さんがどのような思いを抱えて過ごしているのか、治療と向き合っているのかを考えていきながら業務をすることができていると感じます。終末期の患者さんで治療はせず自宅で過ごしたいと話された際に、自宅での看取りを含めて家族、訪問医、訪問看護師、MSWとカンファレンスをおこない患者さんが希望する自宅へと帰ることができました。その際にも患者さんがどのような思いで治療をしたくないと思っているのかなどを聞き、調整を行うことができ新人の時には聞けなかった話などを少しずつ引き出すことができ、成長しているなと感じました。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


癌の患者さんが多く入院されており、患者さんの思いや自宅退院や転院調整の際にアドバイスや実際に話を聞いてくれ一緒に患者さんの今後について悩んだり相談できたりする上司がいます。自分では聞き出せないこと、患者さんとの関りを見て自分も患者さんの話を聞いたり、より添えることができるようになりたいと感じています。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は買い物をしたり、また今はなかなかいけませんが長期休暇を取り旅行に行ったりとしてリフレッシュしています。また同期や同僚と一緒に食事をして、他愛もないことなどを話したりしており、仕事の日と休日の日をしっかりと分けて過ごすことで、次の仕事の日は頑張ろうと思うことができます。

 

重症心身障がい児施設 病棟 看護師(6年目)

「小児看護のスペシャリストになりたいと思い頑張っています」

 ■出身校:日本中央看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


どうしても小児看護に携わっていきたいと思い、県内で最も小児の病床数が多いこの病院に就職しました。すべての小児病棟での看護を経験したいと思っています。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


教育入所児を担当し、担当児が無事在宅に帰ることが、できたことがとてもうれしかったです。児やご家族、病棟スタッフと「在宅へ帰る」という一つの目標に向かって、それを達成できた時看護師をやっていてよかったとやりがいを感じました。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


経験と知識豊富な先輩にアドバイスをもらいながら、自ら訴えることができない子どもたちが、安楽に楽しく過ごすことができるよう考えていくことで、次の看護につなげることができると思っています。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


先日まで医療的ケアが必要な子どもが、在宅で過ごすことができるように支援する教育入所を担当しました。コロナ禍で時間の限られる中、母親も児のケアを一通りできるようになって「これで家に帰っても大丈夫」と思っていました。先輩から「お母さんがケアをできるようになったのは良いけど、A君はお母さんのケアに慣れたの?」と言われ、児を中心としてではなく、お母さんを中心に考えていたことに気づかされました。自分で訴えることができない児だからこそ、児を中心に考えることを大切にしていかなければならないと、改めて気づかされました。

 

中央手術部 看護師(3年目)

「患者さんの声に寄り添えるような看護をしていきたいです」

 ■出身校:岐阜市立看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


当院は、急性期の病院で様々な診療科もあり、多くの経験を積むことができると思ったからです。また、インターシップに参加した時には、教育体制が充実していることを聞き、安心して働ける環境だと感じ、就職先に選択しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患者さんの立場になり、寄り添える看護をしていきたいと思っています。手術室では、患者さんと関わる時間は限られていますが、その中でも患者さんに何ができるのか、術前訪問や患者さんの表情などから考えながら関わり、ケアしていきたいです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


私が働く手術室は病棟とは異なる部署です。手術室では患者さんと関わる時間は、病棟に比べて少ないです。しかし、手術を受ける患者さんは大きな不安や緊張の中にいます。術前訪問にて、患者さんが手術に対する不安を口にされた時には、患者さんの立場に立って声かけができるように心がけています。手術が終わり、数日後に病棟を訪れた時に、“手術の時はありがとね”と術前とは全く異なる、笑顔で言ってもらえたことがありました。その時は、すごく嬉しかったのを覚えています。 

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の時から手術室配属になり、学校で学んできたことが手術室では活かせなくて、毎日手術の流れや使用する器械などを覚えることで精一杯でした。しかし、直接介助から外回り看護をするようになり、患者さんの表情や状態を観察できる視野が広がってきたと感じています。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日に好きな物を食べに出かけたり、旅行に行って気分転換することでリフレッシュしています。また体を動かしたいと思った時には、山に登って汗をかいて、その後に温泉に行ってスッキリすることも気分転換になります。

 

循環器内科・外科・呼吸器外科 病棟 看護師(6年目)

「根拠を考えながら安心安全な看護を提供していきたいです」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


専門学校時代に実習で多くの経験をさせていただき、学びを得ることができた病院だったからです。急性期の病院ということでいろいろな業務がありますが、スタッフの皆さんが時間管理をしながら患者さんとのかかわりを大切にしている場面や多職種と相談しながら看護を提供している場面を見て、自分もこんな職場で働きたいと思うようになりました。

Q2 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃はバイタルサイン測定もどこを見たらいいのかわからないことが多かったですが、疾患による症状、身体・精神への影響、採血データの変化などの観察項目を意識して患者さんを見ることができるようになったと思います。また当病棟ではほぼ全員に心電図モニターが装着されているため、まだまだ勉強不足な点もありますが心電図波形を読む力も自分の成長のひとつとなっています。

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


新人教育や2年目教育など後輩指導に力を入れています。配属したての頃に自分も悩んでいたことを思い出しながら指導をしています。うまくいかず壁にぶつかることも多いですが、一緒に勉強してともに成長していけたらいいなという気持ちで取り組みをしています。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


はじめての日勤でうまく動くことも考えることもできず、ペアになった先輩にたくさんフォローをしていただきました。数か月後に同じ先輩とペアになった時に「すごく成長したね。」と言われたことがとてもうれしく、これからも頑張ろうという気持ちになったのを覚えています。また仕事や新人教育などで悩んでいたり落ち込んでいる時に先輩や同期にご飯に誘ってもらったり相談をすることで自分の気持ちが落ち着き、精神的に支えてもらっています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


リーダー業務を担うようになってきたため、自分の判断や急変時への対応に自信をつけたいと思っています。そのためには日々の学びが大切だと考えています。病棟には認定看護師や経験豊富な先輩がいるため質問や相談がしやすい環境だと思います。教えてもらうだけでなく自分でも根拠を考えて判断し、看護実践できるように努力していきたいです。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


音楽が好きなのでアーティストのライブに行ったり、舞台を見に行ったりしています。最近では休日に今まで作ったことのない料理に挑戦すること、友達と映画を観に行くこと、部屋の模様替え、好きなだけ寝ることも気分のリフレッシュになっています。

 

人工透析部 看護師(21年目)

「部署のスタッフと共に安心・安全な透析が受けられるよう頑張っています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由は?


看護学生の時に当院に実習に来ており、看護師の方々の仕事をみてこの病院で働けるのかと心配になりましたが、同級生の多くがこの病院に就職することもあり、この仲間となら働いていけそうと思い就職先にきめました。

 

Q2 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


この病院に就職し、今までに5か所の部署を経験してきました。それぞれの部署でその科の特殊性や病気・治療について、また看護について学べたことは自分の看護師としての知識・技術のスキルアップになったと感じています。

 

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


感染防止委員会のリンクナースになっているため、部署内での感染防止についてペアの臨床工学士と共に取り組んでいます。透析室はオープンフロアーであり、血液を取り扱う部署であるため、ほかの患者さんへ感染を拡大させないように考えて業務を行っています。

 

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


透析室では腎機能の悪くなった方に対し、「教育入院」や「腎代替療法選択指導」を行っています。対象の方にわかりやすく、また理解してもらえるような説明が行えるように、病気のこと治療のこと、また栄養指導などについて自分の知識を深めていきたいと思います。

 

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は家族との時間を大切にしています。食事に出かけたり、ゲームをして過ごすことがストレス発散になっています。また、美容院やエステ等で自分磨きをすることでリフレッシュしています。