Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > 先輩の声

先輩看護師の声

わたしたちと一緒に働きましょう!!

 

内科(循環器、消化器 等)・脳神経外科 病棟 看護師(2年目)

「笑顔で頑張ってます」

 出身校:朝日大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は、超急性期病院であり様々な診療科があるためたくさんの経験を積むことができると思い志望しました。また、

インターンシップに参加し先輩看護師さんたちが患者さんに丁寧に接している姿をみて、私もそんな看護師になりたいと思い、ここで働きたいと思いました。新人教育にも力を入れていてここでなら頑張れると思ました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。

私は昔から人と関わることが好きなので将来は人と関わる仕事に就きたいと思っていました。また、誰かのためになり「ありがとう」と言われる仕事に憧れをもち看護師を目指しました。今看護師として働き家族を含め、退院後の生活まで支援ができる看護を目指しています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんから退院後お手紙をもらった時です。一人で眼軟膏ができない患者さんに対して指導を行っていました。退院日にも指導をぎりぎりまで一人でできるよう指導を行っていました。後日その患者さんから手紙が届き「退院後も頑張って点眼をしている。指導をしてくれた看護師さんのおかげだ」と言ってもらえました。患者さん一人一人に向き合って指導していくことが患者さんのためになれると学びました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


先輩から「頼りにしてるね」と声をかけていただいた時です。新人の頃はわからないことだらけで先輩にたくさんのご指導をもらいました。少しずつですが、自分なりに試行錯誤しながら看護をする中で、できることが増えました。先輩からの声掛けが日々の業務の中で励みになります。また、新人に対して声掛けをし、自分のことだけではなく後輩のことも気遣いが少しできるようになりました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


今は循環器・消化器・眼科など混合病棟で勤務しており特に心不全の患者さんが多いため家族を含めた指導など患者さんの生活、退院後のことまで考えて看護を提供できるようになりたいです。また、患者さんを含め家族の思いや希望を確認し入院中のことだけではなく、退院後の生活が困らないように家族を含めた看護展開ができるように日々努力していきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


日々の業務で疲弊する毎日ですが、休日は家族と過ごしたり友人と話をしたりして、リフレッシュしています。今はコロナ禍でなかなか遊びに行けませんが、家の中でも出来ることで気分転換しています。

 

新生児回復室(GCU)病棟 看護師(2年目)

 「特にお父さんの力になれるよう頑張っています。」

 ■出身校:岐阜県立看護大学

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生時代より小児看護に興味があり、小児科の看護師になりたいと思っていました。小児病棟の病床数が岐阜県下で最も多く、こども病院の認定を受け、最先端の小児急性期看護を学ぶことができると思ったため、就職先に選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私の目指す看護は赤ちゃんに優しい看護です。新生児期にある患児とその家族を対象に現在看護を実践しています。赤ちゃんは日々成長していく中で状態が良くなったり悪くなったりします。自分の行った看護が赤ちゃんの状態に大きく関わっており、先輩看護師から「赤ちゃんに優しいケアをしたら気持ちよく寝ている姿になるよ」といわれ、実践すると上手くいくことができました。今後も赤ちゃんに優しい看護を目指し実践できるよう心掛けていきたいです。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


成長できたと実感したことは自分の出来ることが増えていったことです。入職したての頃は右も左もわからず先輩と一緒に看護ケアを実施しました。日々の業務で学習し家で復習して実践の中で活用でき、先輩から褒められたことで出来るという自信につながり自分の成長を感じることができました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


現在、病棟の医療安全チームの中でリスクマネジメントに関する意識づけが行えるように活動しています。リスクマネジメントに関する意識が低い状態では赤ちゃんを安全にケアすることは出来ません。一つ間違えると重大なインシデントにもつながります。そのため、チェックリストを用いて出来ていないところを分析し、意識づけができるように取り組んでいる最中です。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


看護実践する中で多くの先輩に助けられました。PNSで先輩と共に動く中で自分の行う看護が他者からみて適切なのか、また困っている点など相談しながら実践することで、問題を解決したり自分自身の学びに繋がったりします。相談できる先輩が多く、頼もしいです。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


 私のリフレッシュ方法は十分な睡眠をとることと、体を動かすことです。睡眠により疲労回復できるよう就寝時間が遅くならないように意識しています。激しい運動はリフレッシュになりにくいですが軽く汗をかく程度の運動でリフレッシュしています。

 

産科 病棟  看護師(3年目)

「新たな家族のはじまりをサポートします!」

 出身校:岐阜県立看護大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は、総合周産期母子医療センターであり、BFH(赤ちゃんにやさしい病院)にも認定されているため、様々なハイリスク時の対応や母乳育児へのケアが学べると思い就職先に選びました。また、学生時代に母性看護分野の実習をさせていただき、病棟の雰囲気がよく、自分もここで働きたいと思ったことも決め手になりました。

Q2 めざす看護について教えてください。


出産は児の誕生に喜び、感動する場面だけでなく、不安や痛みと長時間向き合わなければならない場面もあります。思い描く出産と異なり、つらく二度と経験したくないと感じる経験となることは十分にあると思うので、産婦さんの苦痛や不安を少しでも取り除き、"産んでよかった"と思える満足できるお産になるような助産ケアを行っていきたいと思っています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


分娩中の産婦さんを担当し、陣痛中から分娩後まで関わらせていただきました。現在は、陣痛室での家族の立ち合いができないため、声かけをしながら寄り添い、産痛が軽減するよう腰をさすったり、分娩が進むように一緒に動いたりしてサポートしていました。無事出産を終え、産後に分娩時のお話を伺った際、「夫がいなくて不安だったけど、助産師さんがいてくれて心強かった。」という言葉をもらえたときにやりがいを感じました。分娩中は陣痛の痛みや付き添いがないことによる孤独感、いつ赤ちゃんが産まれてくるかなどの先の見えない不安等と戦っているため、産婦さんに寄り添い、安心して出産できるようサポートしていきたいと思います。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は、一つひとつメモを確認し、先輩の指導を受けながら、業務やケアを行っていましたが、今では複数の患者さんへのケアが重なった時や緊急で迅速な対応が必要な時などに、優先順位をつけ一人で判断して動くことができるようになりました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


現在は、褥婦さんと関わる機会が多く、授乳においては、お母さんと赤ちゃんの状態がそれぞれ異なるため、個別性が求められます。日々ペアで相談したり、スタッフ間でおっぱいカンファレンスを行ったりしながら、ケアをしていますが、観察していることやケアの選択肢が不足していると気づくことが多いので、母乳育児ケアを深めて行きたいと思っています。
また、今後後輩指導をしていく立場になっていくので、一つひとつのケアを明確にした上で指導できるよう、技術・知識面の自信のない点については確実にできるようにしていきます。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


最近は、コロナウイルスの流行もあり、自宅で映画を見たり、料理をしたりして過ごすことが多いですが、以前は旅行に行くことがリフレッシュになっていました。コロナが終息した際には、海外旅行を計画したいです。

 

小児科 病棟 看護師(2年目)

「患児や家族の思いに寄り添った看護を大切にしていきたいです

 出身校:岐阜医療科学大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は岐阜県の基幹病院で、多くの診療科があり専門性の高い看護を提供している病院であることや、教育体制が整っていることから、高度な知識や技術を身につけられると思いました。また、インターンシップに参加した際に患者さんと目線を合わせ、コミュニケーションを図る先輩看護師の姿をみて一緒に働きたいと感じました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患者さんとその家族の思いに寄り添い、安心して入院生活を過ごすことができる看護を目指しています。最初は業務を覚えることや慣れることに追われ、患者さんとその家族の思いを聞くことが出来ていませんでした。先輩が忙しい中でも患者さんや家族の思いを傾聴し、思いを実現できるよう関わっている姿をみて、改めて患者さんの思いに寄り添うことの大切さを学びました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


少しでも患者さんやご家族の力になれるようにがんばっていますが、関わる中でこれで良いのかと悩むこともあります。新人の時に受け持った患者さんで、「たくさん話を聞いてくれて嬉しかったよ、本当にありがとう。」と言って笑顔で退院される姿を見て、とても嬉しく、やりがいを感じました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


新人の時は、自分のことで精一杯でしたが、業務においても少しずつ余裕ができてきました。自分のことだけでなく、部署の一員として委員会活動に取り組んでいます。まだまだ分からないことばかりですが、先輩方にアドバイスをいただきながら頑張っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


受け持ち患者さんへの看護について悩んでいた時、部署の先輩方が親身になって相談に乗って下さりました。先輩方は患者さんへの声のかけ方や距離の詰め方がとても上手く、技術や知識も豊富で、的確なアドバイスをして下さり、とても勉強になり、先輩方のような看護師になりたいと思っています。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


 好きなドラマや映画を観たり、音楽を聴いたり、自分の好きなことをしてのんびりとお家時間を過ごしています。

 

小児集中治療室(PICU)・小児循環器 病棟 看護師(2年目)

「患者さんとご家族に寄り添う看護師を目指して頑張っています。」

 ■出身校:名古屋大学


Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


歳の離れた妹が当院のNICUへ入院していたことがあり、医療に興味を持つきっかけとなった病院だったので、以前から当院で働いてみたいと思いました。インターシップにも参加し、教育体制が整っていることや病棟の雰囲気が明るいことが分かり就職を決めました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


私が小学生の頃、妹が救急車で運ばれたり、入院することが何度かあり、怖い思いや寂しい思いをすることが何度もありました。また母が妹だけでなく私のことも心配していたことを後になって知りました。自分の経験も踏まえて、患者さんはもちろん、お父さんやお母さん、きょうだいの子たちにも寄り添える看護師になりたいです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


心臓の手術をして不安定な状態でPICUで治療を受けている子が安定していき、一般病棟に移って元気になっていく様子を見た時とても嬉しく感じます。またお子さんたちの成長をとっても可愛らしく実感できるので小児病棟で働けて良かったです。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


PICUでは毎朝全ての患者さんの情報共有とケアカンファレンスを行っています。患者さんの状態やその日ケアの注意点などについて先輩方から多くのアドバイスを頂けるので、新しい気づきがありとても勉強になります。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


3階東病棟には先天性心疾患のお子さんが多く入院されています。学生時代には耳にしたこともなかった疾患や手術ばかりで学習することがたくさんありました。3月からPICUの勤務となり、さらに特殊な治療や術直後の管理に関わることも増えました。まだまだ目の前の事で精一杯なので、先のことを予測したアセスメント、看護の実践ができるように日々の経験を大切にしたいです。

 

産婦人科・乳腺外科 病棟 看護師(2年目)

 「患者さんの思いに寄り添った看護を大切にしたいです」

 ■出身校:大垣女子短期大学

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は急性期の病院で様々な診療科もあり、多くの経験を積むことができると思ったからです。また、インターシップに参加した時は教育体制が整っていることを聞き、安心して働ける環境だと感じ就職先に選択しました。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんの笑顔をみることができた時にやりがいを感じます。入院患者さんの中には元気になって退院される方ばかりではありません。日々の関りの中やケアを通した中で笑顔をみたり、訪室時「今日はありがとうね。嬉しかったわ」と声をかけて頂いた時に看護師になって良かったなと思います。

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


PNSで動くことに心がけています。患者さんを見るためには常に自分にできることはないか、効率よく行動するために必要なことを考え、互いに協力できるようにしています。また、今年から参加する専門コースの勉強会や部署会に積極的に取り組み知識を深めています。日々の看護実践に役立てるように常に学び続ける姿勢を忘れず、これからも頑張っていきたいです。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


病棟ではケースカンファレンスを実施しており、先輩方の様々な意見、アドバイスに刺激を受けています。また、上下関係なく、誰にでも丁寧な言葉遣いで穏やかに接することができる先輩をみて、私もそんな先輩になりたいと強く思いました。忙しくても常に冷静に落ち着いて仕事をし、指導の際もやさしく教えていただいて影響を受けました。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


新人の時は1日の業務に遂行することが精一杯で、患者さんの声に十分に耳を傾けることができていなかったり、知識や技術が足りず、自分の看護に自信が持てませんでした。2年目となり、もっと1人1人の患者さんの思いを理解し、自信を持って看護を提供できるように努力していきたいです。

Q6 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は友人や家族と出かけたり話をすることでリフレッシュしています。休日楽しみな予定をつくり、仕事のモチベーションをあげているので全力で働くことができていると思います。また、時間があるときは料理をして気分転換もしています。

 

腎臓内科・脳神経内科・脳神経外科 病棟 看護師(2年目)

 「患者さんに寄り添う看護を目指しています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生の時に当院で実習をさせていただく機会が多く、実習を通し色々な病棟を見ることで病院の雰囲気を知れたことや、教育体制が充実していることを知ったため。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


1人ひとりの患者さんに寄り添う看護を目指しています。日々業務に追われていますが、少しの時間でも患者さんのお話に耳を傾ける時間を作れるよう努め、患者さんの思いや、ニーズに添った看護を提供していきたいです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんから「ありがとう」と言ってもらえたり、名前を覚えてくださったりすることがあり嬉しく感じます。入浴や清拭などのケア後に「あなたに優しくしてもらえて嬉しい。担当でよかった」と言っていただけた時は、看護師になってよかったと感じました。また、頑張ろうと思えました。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人の頃は1日のスケジュールを上手く時間配分できなかったり、優先順位もあまり考えられていなかったですが、今は時間を見て行動し、後のことも考えながら動けるようになってきました。しかしまだ改善できる点はあると思うので、今後も周りをみて行動していきたいです。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今、私は病棟でALSチームの一員として入退院後のサポートについて勉強しています。また、2年目の同期と共に月毎に目標を決めてALSについての勉強会も並行して行っています。脳神経内科病棟で働く看護師として、部署特有の疾患に強くなりたいと思い日々、努力しています。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


とても責任感のある先輩です。いつでもテキパキと行動され、無駄のない動きで的確で分かりやすい指示も出すことのできる方です。患者さんにも優しく、面白い一面もあり尊敬しています。そんな先輩の動きを見て、吸収して自分もそんな看護師になれるように頑張りたいです。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


私は学生の頃から患者さんに寄り添う看護を目指してきました。実際、臨床に出てみると多忙さでなかなか思うように患者さんとの時間をじっくりとることは難しく、さらに1年目の頃は業務として覚えることも多く、なかなか寄り添う看護ができませんでした。2年目になった今、まだまだ知識不足ではありますが、1秒でも長く患者さんとの時間をつくれるように、優先順位を考えて動くなど、工夫していきたいです。

 

新生児集中治療室(NICU) 病棟 看護師(4年目)

 「部署の仲間と看護記録委員の活動を頑張っています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校 (第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は小児医療の最後の砦として、日々取り組んでいます。学生の時から、小児看護に興味があり、最先端の場所で働きたいと思っていたため、当院を選びました。また実習でもよくお世話になった病院でもあり、スタッフ間の雰囲気が良かったこと、場所に慣れていることも、当院を就職先に選んだ理由の一つです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


きっかけは新人の時に関わった中学生の患者さんです。主に0~3歳の子が親さんと一緒に入院している中、中学生はその子一人で親さんの付き添いもありませんでした。その子はよく検温を拒否したり、採血から逃げ回ったりしていました。「中学生なのになんでそんなことをするの?」と最初の頃は思っていましたが、ある日その子に「寂しい。帰っちゃいやだ。一緒にいて。」と抱きつかれて初めて、その子が感じている寂しさや一人で闘っている強さを知りました。
 入院しているこどもの多くは自分の思いを伝えることが難しいです。特に今所属している新生児センターでは、赤ちゃんたちの思いをバイタルサインや啼泣などから推測する必要があります。こどもが出しているサインに一つでも多く気づきそれに応えられる、こどもに優しい看護を私は目指しています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


担当していた患者さんやその家族から「あなたが担当でよかった」「話し方が優しいからこの子も話しやすいみたい」と言っていただいたとき、やりがいを強く感じましたし、看護師になって良かったと思いました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年度から看護記録委員を担当しています。部署の仲間と共に毎月記録監査を実施し、結果をフィードバックして病棟の看護記録の向上を目指して頑張っています。看護診断の上級コースを履修した強みを活かしていきたいです。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日はハーバリウムを作るのがマイブームです。好きな花材を好きなだけ瓶に詰めていくのですが綺麗なグラデーションができたり、バランスよく詰められると気持ちが良いです。
ほかにも毎年、2回以上ディズニーリゾートに行き、リフレッシュしていました。最近はコロナの影響で行けていませんが、代わりにスマホゲームの「ツイステッドワンダーランド」にハマっています。何をしてもディズニーが一番のストレス発散になりますね。

 

外科(脳神経外科、耳鼻咽頭科、口腔外科) 病棟 看護師(2年目)

 「元気に休まず頑張っています^-^」  

  ■出身校:岐阜県立衛生専門学校 (第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


専門学校の時に実習をさせていただくことが多く、それぞれの病棟の雰囲気や看護師の関わりをみて働きたいと思いました。また、急性期病院では展開が早く、患者さんにとって身体的にも精神的にも一番負担となる時期であると思うため、高度な知識や技術を身につけつつ、その時期の患者さんの支えとなりたいと思ったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


中学校の時に出産のDVDを視聴し、医療関係に興味を持つようになりました。また、高校生の時の看護体験に参加し、看護師の患者さんへの関わりや患者さんの笑顔をみて、私も患者さんに笑顔を与えられる看護師になりたいと思ったからです。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


私は脳神経外科で働いていますが、失語がみられる患者さんが言語訓練などを通し、徐々に自分の名前や思いを伝えられるようになったことが嬉しかったです。また、患者さん自身の名前もあまり言えなかったときに、私の名前を覚え呼んでくれたことも嬉しかったです。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人のときは自分の仕事に手一杯になってしまっていましたが、徐々に仕事に慣れてきて短時間でも患者さんの身の回りのことに気を配れたり、思いを聞くことやたわいもない話ができたりと、患者さんとの関わる時間を大切にできるようになったかなと思います。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


私は急いでいると離床センサーがなった際、丁寧な対応ができていないときがありました。私がペアになった先輩は患者さんのところへ訪室したときに、患者さんが何をしようとしてセンサーが鳴ったのか、思いを丁寧に聞いていたり、他に困っていることはないか聞いたりする姿をみて、その患者さんのために何ができるかを常に考え、患者さんに寄り添った看護師になりたいと改めて思いました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


2年目として先輩からの助言や声かけを待つのではなく、自分で考え、その考えや思いを伝えたり、自分から積極的に行動したりできるようなメンバーシップを課題としています。また、自分の業務に手一杯となってしまっていることがあるので、少しでも多く患者さんとの時間を確保できるよう、時間管理も意識していきたいです。

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日は友達とご飯に行き話をしたり、買い物に行ってほしいものを買ったりするなどしてストレス発散をしていました。最近はおうち時間が増えたので、プロジェクターで映画などを見ています。

 

外科(脳神経外科、耳鼻咽頭科、口腔外科) 病棟 看護師(5年目)

「笑顔いっぱい患者さんのために働いています。」 

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院は急性期病院のため、疾患について深く学び看護に結び付けることができると思ったからです。また学生時代にこの病院で実習することが多く、基本的な知識はもちろん、患者さんとのかかわり方や看護師同士の連携なども学ぶことができ、当院で看護師としてのキャリアを積んでいきたいと思い就職しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


高校生の時、進路に迷っていたときに母から「人と関わり、助ける仕事がいいと思うよ」と言われ、看護師になろうと思いました。看護師は患者さんと関わる機会が一番多いと思うので、信頼関係を築き、患者さんが安心して思いや希望を伝えられるような看護師を目指しています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


病棟には、脳神経外科の患者さんがみえ、その中には嚥下障害や麻痺のある方がいます。点滴などの治療に加え、リハビリを積極的に行う病棟なので、歩けなかった患者さんが、歩けるようになったり、食事を食べられるようになったりと実際に症状が改善した患者さんを見るととても嬉しく、やりがいを感じます。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


4年目から新人指導を主体としておこなっています。新人さん一人一人に個性があり、指導方法も違うので大変ですが、自分が新人時代経験したことや失敗談などを交えながら、新人さんと関り、成長速度に合わせた指導を心がけています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


自分が新人のときに、先輩から「患者さんにとっては新人もベテランの看護師も同じ看護師であり、患者さんに不利益があるようなことがあってはいけない」と言われ、とても納得しました。それから、患者さんの安全第一に考えてケアを行うこと、また患者さんそれぞれに必要な看護は何か、他スタッフに意見を聞きながら考えることができるようになりました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


忙しさから患者さんと関わる機会が少なくなっているように感じます。初心に戻り、患者さんと少しでも時間を取って関わる時間を増やしたいです。また、リーダー業務を任されることが増えたので、改めて急変対応などの知識をつけるために学習していきたいです。

Q7 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


旅行や買い物が大好きできなので、休みの日は自分の好きなことをします。仕事で辛いことがあっても、家族や同期に話すことで、リフレッシュできます。

 

外科(泌尿器科・皮膚科) 内科(消化器内科・呼吸器内科) 混合病棟 看護師(2年目)

 「笑顔が1番!!」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


私の看護学生時代の主な実習先で、お世話になりました。元々急性期の看護に興味があったのですが、外科病棟に行った際、手術が1日に何件もあり、忙しい中テキパキと行動する姿や全身状態を観察し、適切な対応をしている看護師に憧れを持ちました。私もいつでも適切な対応ができる看護師になりたいと思い、当院への就職を決めました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


今、配属されている病棟は主に泌尿器科病棟です。泌尿器科病棟の特徴としては、手術目的で入院される方が大半で1週間程で退院する方がみえます。よって在院日数が短いことが挙げられます。そのため、もっとコミュニケーションをとり、退院後も安心して生活ができるような関わりができたらよかったと思うことが多いです。忙しい中でも少しでも患者さんのところへ行き、寄り添う看護ができるように頑張りたいです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


入院中の患者さんは、様々で、自立している患者さんから日常生活で介助を要する患者さんがいます。忙しい業務の中でも何らかの介助をした際に、「忙しいのに、ありがとうね」と言ってくださることがあります。退院後の生活についての不安を聞いたり、それに対してアドバイスをした際にも「〇〇さんが来てくれて安心しました、気持ちが楽になりました」と言ってくだるなど、自分の行為に対してそのような言葉がけを頂いた時に、やりがいやうれしさを感じます。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


がん化学療法目的で入退院を繰り返す患者さんがみえます。就職して1年目の時は、分からない事が多く、患者さんの前で動揺してしまい不安を与えてしまったことが多々ありました。2年目になり、その患者さんと関わる際に「1年前(1年目)に比べて全然雰囲気が違うね、自信をもって仕事しているね」と言われるようになりました。このような場面から、少しでも成長したのだと感じ、自信をもって働くことができるようになりました。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。


 2年目になり初めてウロストーマを造設する患者さんを受け持たせて頂きました。初めはどのような流れで進んでいくのか分からず、どのように患者さんと関わっていけばいいのかと悩み、本当に自分が受け持ち看護師でよかったのかと思うこともありました。それでも、同じチームの先輩方は、社会復帰用の装具や退院後の生活支援について何度も相談に乗ってくださいました。また、後に訪問看護を導入する方針になったのですが、MSW(医療ソーシャルワーカー)に早期から調整してくださったので、退院後すぐに訪問看護を導入することができました。その後、「こうすればよかったね。」と指導を頂いたり、「しっかり計画を立てられていて良かった。」と褒めて頂く等、最後まで支援してくださった先輩方には感謝の思いでいっぱいです。これからも多くの看護実践ができるように頑張りたいと思います。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


2年目になり、できることが増え充実している毎日ですが、まだまだ知識が不足しており、わからないことが多くあります。今後の課題として様々な患者さんと関わる中で、多くの知識・技術を身に着け、いつでも冷静かつ的確に判断ができる看護師になれるように頑張りたいです。

 

中央放射線・内視鏡 看護師(2年目)

「元気に頑張っています。中放は楽しい職場です。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


看護学校の主な実習先が岐阜県総合医療センターでした。指導者を含め病棟看護師の患者さんへの看護が、忙しい中でも丁寧で優しく患者さんの思いに寄り添った看護をしており、自分も先輩方のような看護師になりたいと思ったからです。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


中央放射線部は病棟と違い、放射線の被ばくをすることや治療優先であることから患者さんとのコミュニケーションが困難なことが多いです。その中でも患者さんの訴えに対して看護を行ったとき、患者さんから「ありがとう、とっても楽になった」と言ってもらえた時に、自分の看護は少しでも患者さんの安楽へと繋がっているのだと実感しました。

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


部署課題で今よりも職場環境が良くなるようにPNSについて取り組みをしています。私はそのメンバーの一員として、PNSマインドをより浸透させるためにマインドエピソードというものをみんなから募り、部署全体で共有するという活動をしています。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


新人の時は業務を覚えることで精いっぱいでした。2年目は先を予測した行動や看護が行えるように全体の観察をし、把握し、ペアと情報共有を行いながら検査・治療につけるよう頑張りたいです。また、予測した看護が行えるには知識が必要であることから日々学習し知識の向上に努めたいです。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


現在はなかなか出かけたりすることが難しいため、友人や同期と電話でお話をしたり家で好きなドラマや映画を観たりしてリフレッシュしています。また、自分へのご褒美や楽しいことを定期的に作り日々の仕事が頑張れるようにしています。

 

外科(泌尿器科・皮膚科) 内科(消化器内科・呼吸器内科) 混合病棟 看護師(16年目)

「3人の子育てと仕事、毎日笑顔で頑張っています!!」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


看護学校の実習で何度かお世話になりました。その実習で循環器内科の病棟に行った時、受け持ち患者さんが急変しました。看護師・医師の方々の迅速な対応に感動し、私もこの一員になり働きたいと思い、当院への就職を希望しました。希望どおり初めの配属先は循環器内科の病棟でとても嬉しかったことを覚えています。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


当院は急性期病院であり、在院日数が短く、患者さんが退院した後にもっとこんな指導が出来ると良かったのではないか、こんな関わりが出来たら良かったなどと思うことがあります。患者・家族の希望を知り、その希望に沿った看護がしたいと思っています。関われる時間が少ないですが、その中でも患者・家族の思いをくみ取り寄り添えたらと思っています。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


患者さんが、少しでも何か症状を訴えられたり、バイタルサインがいつもと変化があると、何か起きてるのかな、大丈夫かなと心配になります。特に夜勤中は自分の判断が重要になると思い緊張することが多いです。以前、少し気分が悪いなという訴えから、緊急の処置が必要になったことがありました。ちょっとした訴えを見逃さず観察したことで救命することが出来ました。その後、患者さんから「○○さんのおかげで助かったよ。夜の間ずっと有難うね。」などと言われると、すごく疲れていても頑張って良かったと思います。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


2年前に部署異動をしました。現在は泌尿器科・呼吸器内科・皮膚科がメインの病棟にいます。ウロストーマ・排尿自立支援・化学療法・皮膚科処置など今まで携わることのなかった内容ばかりです。10年以上経っても知らないことが沢山あったと知り、新しく覚えることはとても大変ですが、勉強し知識を深めていきたいです。そして、今まで循環器内科で得た知識を活用し新しい分野でも活躍していきたいです。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


家族との時間を大切にしています。息子の野球の試合は夜勤明けでも見に行きます!!子供の頑張っている姿は疲れを吹っ飛ばしてくれます。今はなかなか出かけることが出来ないので、家族で美味しいものを食べることを楽しんでいます。平日休みは一人になれるので、買い物へ行ったり断捨離したりと充実した時間を作ることが出来ています。

 

産科 病棟 看護師(5年目)

「部署の仲間とお母さんと赤ちゃんが安心して退院できるよう妊娠期から産後までケアを頑張っています」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(助産学科)

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


多くのことを学びたいと思い周産期の高度な医療を提供している総合周産期母子医療センターである当センターを選びました。また、3歳と2歳の子育てをしながら助産学科で学んでいたこともあり、助産師としてキャリアを積んでいくにあたり家族の支援を得ながら子育てと仕事の両立のためには自宅から近いこともとても重要でした。

Q2 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


総合周産期母子医療センターということもあり、妊娠中長期で入院となる患者さんがいます。プライマリーとして関わり、保健指導や日々のコミュニケーションにより関係性ができていくことにやりがいを感じます。長く関わった患者さんから退院後にお手紙をいただいたことがあるのですが、嬉しかったことは勿論、落ち込んだ時は読み返して励みにして頑張ることができています。

Q3 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


産科救急の場面に対応できるようになりたいという気持ちと、元々声が小さく通らないことや、多人数の中で自分から発信することが苦手という自分の課題をクリアするため2年目の時にALSO、J-CIMELS、BLS・ACLSなどの知らない人たちとシミュレーションや実技テストを受ける研修に参加しました。研修前や当日は緊張で眠れず本当に辛い気持ちでしたが研修に参加してからは、産科救急やチーム医療について学んだことでチームの一員としてコミュニケーションをとりながら自分の役割を遂行できるようになり成長できたと実感しました。また、チームの一員と感じて仕事ができることはやりがいやモチベーションアップにも繋がっています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年度から母乳統計の係になったこともあり母乳育児に関する様々なことに興味があります。統計の結果を分析し現状を把握することで色々な疑問が沸いてきてとても面白いと感じています。自分の授乳介助時の関わりやアセスメントを振り返る機会にもなるので、コミュニケーションや乳房管理、授乳介助についての勉強を頑張っています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


先輩方は知識・技術・コミュニケーション力も高く、すぐに個別性のある保健指導を行っています。先輩方は勉強熱心で乳房管理や分娩、骨盤ケアなど特に勉強してみえる分野があり様々な先輩について業務に就くことで学べることが沢山あります。身体的、精神的なことから家族に関することまで患者さんの潜在化しているニーズを引き出し個別性に応じた相談・ケアに応じている先輩の姿に近づけるよう今後も頑張りたいと思います。
また、先輩から「自分の課題ときちんと向き合うことができる」と言っていただいたことも、失敗や落ち込むことがあっても、振り返りや勉強をしながら前向きに仕事に取り組み続ける支えとなっています。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


妊娠期から産褥期、新生児の個別性のある保健指導ができるようになることです。一般的なことをわかりやすく伝え、患者さんのニーズや家族の形、環境など患者さんとそのご家族にとってより良い方法を一緒に考えていけるようになりたいです。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


仕事が休みの日は子どもに精一杯関わるようにしています。仕事とは違う忙しさに追われること、子どもと遊んだり話したりすることがストレス発散になります。また、コロナ禍で開催が増えたこともあり気軽に参加しやすいオンラインで研修を受けていることも多いです。リフレッシュ方法はからだを動かしたり、美味しいものを食べたりして心身の疲れをしっかり取って翌日に持ち越さないようにしています。

 

内科(循環器内科、呼吸器内科 等) 病棟 看護師(9年目)

「部署の仲間と感染対策を頑張っています!」

 ■出身校:岐阜県立多治見看護専門学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


当院へは中途採用で入職しました。福利厚生が整っていますし、中途入職者への教育制度も充実していますので、安心して働き始めることができました。また、PNSが導入されており、先輩からは豊富な知識経験を、後輩からは新しい見方を学ぶことができています。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


全ての患者さんが満足のいく結果を得ることは難しいですし、その中で自分に出来ることは何か?と考えます。以前、「私たち患者は不安がたくさんあるけれど、看護師さんたちの明るい声を聞くのがいちばん気が紛れるんだよ」とおっしゃってくださった方がいます。看護師の業務の幅の拡充などもあり、日々の業務に追われがちですが、闘病する患者さんの気持ちを配慮できる看護師でありたいと思います。

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


現在、コロナ病棟に所属しています。また、病棟内で感染予防の委員をしています。防護具を着用しての業務は消耗しますが、安全な医療の提供が継続できるよう、チーム全体で取り組んでいます。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


同じ時期に入職した先輩で、豊富な知識経験のある方ですが、決しておごらずに日々学ばれている姿を見て、見習わなければならないと思いました。患者さんに対してのみでなく、スタッフへの対応もとても丁寧で、お手本にしています。

Q5 リフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


休日はジョギングなどでひと汗かきます。また、実家に帰り姪と過ごす時間も楽しみです。姪から「お仕事頑張ってね」と言われると、「よし!頑張ろう!」と思えます。

 

小児集中治療室(PICU)・小児循環器 病棟 看護師(3年目)

「子ども達の笑顔のおかげで毎日頑張れます」

 ■出身校:岐阜市医師会看護学校

 

Q1 岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。


学生の時から小児看護に携わりたいと思い、小児に力を入れている当院に魅力を感じました。当院は小児科だけでなく、NICU、小児循環器、重度心身障がい医療など幅広い分野に力を入れており幅広い知識・技術を身につけられると思い当院を希望しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。


患児・家族に寄り添うことのできる看護師になりたいと思っています。新生児、乳児は自分の思いを伝えることが難しいため、日々の表情や変化をくみ取ることが大切と学びました。

Q3 あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。


入院中、大きな手術や治療に耐えてお母さんやお父さんと元気に退院していく姿を見ると、とても嬉しく思い、自分も頑張ろうという気持ちになります。また担当した児や家族から自分が担当で良かったと言って頂けた時は、看護師になって良かったと思いました。

Q4 あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。


新人で入職した時はまだ何も分からず、自分だけで看護を行うことができませんでした。日々の学習や先輩方のサポートのおかげで急性期看護の自分の考えを持ち、実践できるようになりました。まだまだ知識・技術では先輩方に劣るところが沢山あるので、今後も努力してきたいと思っています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。


今年からエルダーとして新人さんの精神的フォローを行っています。自分が入職した時はエルダーの先輩方に支えて貰い今の自分があるので、新人さんが働きやすい職場となるよう努力しています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた、支援してくれた上司・先輩・同僚とのエピソードを教えてください。


看護の方向性に悩んでいた時に、先輩方に相談し的確なアドバイス・助言をして頂きました。どうしたら良いのかまだ自分の知識も経験も浅い分、先輩方の力を借り看護実践を行うことができました。一緒に考えチームで看護を行うことの大切さも同時に学びました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


来年は子どもの退院支援の研修に行きたいと考えています。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。


コロナ禍の前はキャンプや先輩方と旅行などに行き、気分転換をしていました。
現在はコロナ禍なので家で料理をしたり、映画鑑賞をしています。