Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > 先輩の声

先輩看護師の声

わたしたちと一緒に働きましょう!!

 

外科(形成外科 等)病棟 看護師(2年目)

「元気に笑顔でがんばります! 」

 出身校:岐阜県立看護大学

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 多くの診療科があり専門性の高い看護を提供していることや教育体制も整っていることから、質の高い技術や知識を身に着けて看護師として成長できると思いました。インターンシップに参加した際の雰囲気もよく就職先に選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 患者さんに寄り添った丁寧な看護を目指しています。忙しい中でも患者さんと寄り添い1対1で話を聴き、患者さんの希望を取り入れた丁寧な看護を行い、患者さんに信頼されている先輩の姿を見て、私もその先輩のように患者さんを中心に考えた温かい看護ができるようになりたいと思いました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 術後、離床に消極的であり看護師が促しても1週間ほど離床が進まない患者さんがいました。何気ないコミュニケーションを通して、入院前の生活状況や退院後の生活の希望について聞き、患者さんと一緒に達成できそうな目標をたてて行動に移してもらえるように声をかけました。その後は私に「昨日は〇〇まで歩いた、明日は〇〇する!」など伝えてくださり積極的に動くようになり、出勤するたびに「あなたのおかげで元気になった」と声をかけてもらい、やりがいやうれしさを感じました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 1年目の時は業務を覚え最低限の業務を行うのに精一杯でしたが、少しずつ業務に慣れて、前よりは落ち着いて優先順位を考えて動いたり、患者さんと関わる時間を大切にできるようになってきました。急変時や異常時などは焦ってしまうので先輩方のようにどのような場面でも落ち着いてやるべきことを確実に行えるようにしたいです。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 部署内の環境整備の係を行っています。安全面や感染面などの視点から、患者さんの身の回りの環境を整えられるよう、チェック表を作成し定期的に確認しています。自分に与えられた役割など責任を持ってできるようにしたいです。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 病態やアセスメント力、あまり使用しない医療機器の知識などがまだまだなので、常に勉強を継続し成長したいです。部署の勉強会などにも積極的に参加することや、今年度は摂食嚥下の専門コースも受けるので、看護に関する様々な知識をしっかり身に着けて、行う看護に責任を持って取り組めるようになりたいです。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 時間を気にせずにたっぷり寝て、たくさん食べて、好きな音楽を聴いてゴロゴロ過ごしています。1人でラーメン屋に行くことも趣味なので、情勢が落ち着いたら日本全国の美味しいラーメン屋巡りをしたいです。

 

内科(神経、腎臓 等)病棟 看護師(4年目)

「自部署スタッフと元気に頑張っています」

 出身校:岐阜聖徳学園大学

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 インターンシップで病院の説明を受けた際に、新人に対し手厚い体制であることを教えてもらいました。新人1人に対しエルダーと実地指導者がいることで、本当のお姉さんのように頼れる存在がいることがとても良いなと感じました。また、新人指導研修が多くあることで十分な研修を受けてから看護実践ができることもとてもいいなと感じ選びました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 自分が学生の頃関わった看護師が、患者さんが何か話したいことがあるというと、ほかの仕事があるにも関わらず、ゆっくり座って話を聞いていたことがありました。患者さんは安心した、と言い笑顔になられていたのを見て、自分も業務を優先するのではなく患者さんのためになることができる看護を大切にしたいと思いました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 新人の頃に担当した患者さんが自分宛てに退院時にお礼の手紙をくれたとき、看護師として関われてうれしかったなと思いました。自分の中では、患者さんを支えるためには何をすればよいのかが分かっていなかったのですが、ゆっくりお話ができたことが患者さんの支えになっていたことにつながっていたことが分かり、より一層頑張ろうと思えました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 今年初めて新人指導担当となり、新人指導を頑張っています。指導する側として、自分の言動に責任を持つ必要があるため、正しい知識・技術を学べるように自分も学習しなおしています。自分が新人だったころに優しく根気よく教えてくださった先輩を見習って、自分も新人さんにしっかりと業務を覚えてもらえるように新人指導を頑張っていきたいです。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 神経難病患者に対して受け持ちの看護師であった先輩が、さまざまな職種と協力して患者さんの心身の苦痛を緩和しようとしていたことが自分の看護実践に影響をうけました。これまでは看護師として、患者さんの話を聞くことでしか苦痛をとれないと思っていましたが、ほかの職種に協力を求めることでそれぞれの職種が、それぞれの強みを生かして関わることで、患者さんに対するより良い対応につながることを学びました。患者さんの一番近くでいられる職種だからこそ大切な仕事だと感じました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 自病棟での委員会活動です。看護感染防止委員会として活動していますが自分の看護としての患者さんとの関わりだけではなく、病棟全体の患者さんの院内感染予防のために委員会活動を行っていく必要があるため、責任をもって委員会活動を行っていくことが自分の成長につながると考えています。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 ゆっくりできる日にはたくさん寝て、おいしいものを食べてリフレッシュします。友人と休みが会うときには、共通のアーティストが好きなのでドライブ中に歌ったり、一緒に出掛けたりすることも多いです。リフレッシュできると仕事を頑張ろうと切り替える気持ちになれます。

 

婦人科・外科(乳腺 等)・内科(消火器 等)病棟 看護師(2年目)

 「患者さんに寄り添うことを大切にしています」

 ■出身校:朝日大学

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 実習・インターンシップに参加し、患者さんと真剣に向き合っている看護師の姿を見て私も一緒に働きたいと感じたことをきっかけに就職先に選びました。また、実施指導者・エルダー制度といった手厚い新人教育体制があることも魅力に感じたからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
  患者さん一人ひとりに対して寄り添う看護を心がけています。急性期病院のため様々な患者さんが入院されており、不安や心配事などそれぞれの思いを抱いています。その中で看護師にできることとして、一人ひとりと状況に合わせたコミュニケーションを大切にすることで少しでも苦痛なく安全・安楽に入院生活を送っていただくことにつながると実際に働き感じているからです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 患者さんから感謝されるととてもうれしいです。看護師としてできることをさせていただいてる中で直接「ありがとう」「助かりました」などといった言葉は励みになり、やりがいにつながっています。また、元気に退院されていく患者さんを見ることもうれしいです。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
去年1年間はすべてが初めてのことばかりで、自分に自信がなく泣いてしまった日もありました。そんな時に、先輩から優しい声をかけてもらったり、同期も同じことに悩んでいると気づかせてもらったりして前向きに取り組むことができました。新人支援会議では、毎月できるようになったこと・できないことを実地指導者の先輩たちと一緒に振り返ることで、自分の目標が明確になり、少しずつですが、看護実践をするうえで、できることを増やせたと思っています。

Q5 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
  今年はエルダーをさせてもらっているので少しでも新人さんの立場になって精神的なサポートができたらいいなと思っています。去年は新人として先輩方から多くのことを教えていただく中で精神的に辛い場面もありましたが、エルダーの方中心に病棟の先輩方に精神面でもフォローしていただいたので、今の新人さんのも自分が先輩方にしてもらったことを引継げるようにしていきたいです。

 

外科(泌尿器、皮膚)・内科(消火器、呼吸器)混合病棟 看護師(2年目)

「休まず元気に頑張っています」

 出身校:修文大学

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 地域に根差した中核病院でありながら退院以降も他の期間や施設との連携を重視している点に魅力を感じました。在院日数の短縮化や高齢化などにより退院後も安心して暮らすためには地域連携が重要だと思います。大学では保健師課程を履修し、他機関との連携することの大切さを学びました。社会資源を活用することで患者さんが安心して治療を受けることができ、地域全体の活性化にも貢献できると思ったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 効率よく業務をこなし少しでも患者さんと話せる時間を確保し患者さんの希望に寄り添う看護ができたらいいなと思います。一緒に働いている先輩がそのように仕事をしていて、私もそうなりたいと思ったからです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 最初の頃は、自立できるまで夜勤を先輩と一緒に行いますが、自立すると一人で十数人の患者さんを看ることになります。自立するまでは一人で多くの患者さんを看ることに対して不安でしたが、ペアの先輩の指導の下、自分のペースで行うことで、成長できているのだなあと感じます。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 私が働いている部署ではストーマ管理や造設をする患者さんがいます。私にとってストーマは身近なものではなく、大学生のときに勉強する機会もほとんどありませんでした。ストーマといっても種類が多く患者さん一人ひとりに合わせた装具の選択をしていかなければいけません。退院後のことも考えて行うことも必要で、奥が深く興味を持ち、学びを深めたいと思う分野です。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 日々の業務の中で患者さんの内服薬セットがあります。その際に先輩から「どうしてこの薬が増えたかわかる?」「こればどうして追加になったの?」と質問されたことがありました。患者さんがどのような薬を内服しているか、なぜ必要なのかを常に把握し、病態理解につなげていくことが大切だと学びました。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 夜勤が終わって家に帰って時間を気にせず寝ることができる時が一番のストレス解消です。

 

重症心身障がい児施設 病棟 看護師(2年目)

「重症心身障害児の看護頑張ります!」

 出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 学生時代、岐阜県総合医療センターで実習することが多く、ここで働く看護師さんの様子や環境が分かり、イメージを持ちやすかったからです。また、学生時代から小児看護に興味を持っており、小児科以外にも循環器、NICU、重症心身障害児と幅広い領域があり、ここで働きたいと思ったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 私の目指す看護は患者さんに寄り添う看護です。すこやかに入職した当初、患児自身から表現することは難しいため、児との関わり方に悩みました。関わりを通して、不快なことがあると緊張が入ったり、心拍を上げたりし、その児なりの意思表示があると分かりました。それにこたえるために、些細な変化に気づける観察力を身に付けることが寄り添う看護に繋がると思っています。

Q3 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 新人の頃から分からないことや技術で不安な事があると、先輩看護師が親切に指導してくださいました。また、他の病棟を経験している先輩ばかりなので、そこに特化した知識や経験を教えてくださいます。その知識が自分自身の今後にも繋がると思っています。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 すこやか病棟は慢性期病棟のため急変時の対応がほとんどできていません。その対応ができるよう同期同士で練習を行い、根拠を持って取り組めるよう事前に学習をしています。また、コロナ禍もあって家族との関りがほとんどなく、家族看護ができていません。今後家族と関わる機会は増えていくと思うので、家族の思いに耳を傾け、信頼関係を築けるよう頑張っていきたいです。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 休日は家でネットフリックスの中の映画やドラマを見てゴロゴロしています。元気があるときは買いに行ったり、最近はパン屋さん巡りをしたりしています。ストレス発散方法は睡眠をしっかり取って、美味しいものを食べることです。

 

小児集中治療質(PICU)・小児循環器 病棟 助産師(3年目)

 「患者さんと家族に信頼される看護師を目指しています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(助産学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 学生の時に当院で実習させていただくことが多く、病院の雰囲気や教育体制について知り、働きたいと思ったからです。また、多くの病棟があり、助産師としての活躍の場が多いと思い就職先に決めました。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 手術後に状態が安定し元気に退院していく姿をみると嬉しく思います。患者さんだけでなく家族と関わる機会も多くあり「次の手術でも担当して欲しい」と言って頂けた時は看護師になって良かったと思い、やりがいを感じました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 面会時に毎回、お母さんの体調や産後に気になっていることなどのお話を聞かせて頂いていました。授乳や、母乳分泌促進のケアについても指導させていただき、少しずつお母さん方に相談して頂ける機会が増えました。積極的に関わることで、相談して頂けるようになり、成長できたと感じました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
3階東病棟では助産師チームを作りお母さんたちのサポートをさせていただいています。勉強会の開催をして看護師と助産師でサポート体制を強化していけると良いと考えています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 受け持ち患者さんのことで悩んでいた時に先輩や同僚に助けられました。先輩たちとも楽しくコミュニケーションをとることができて、不安の多かった新人時代も安心して看護実践をすることができました。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 3階東病棟では先天性心疾患の患者さんが生まれてすぐ入院されることがあります。そのため、産後間もないお母さんが面会や付き添いをしてくださいます。3階東病棟でもお母さんの産後のサポートケアができるようにしていきたいです。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 友達や家族と食事や買い物に行くことで気分転換しています。最近では家でペットと遊ぶことが楽しみになっています。

 

外科(形成外科 等)病棟 看護師(13年目)

「身も心もまずは自分が健やかでいること」

 ■出身校:平成医療専門学院

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 「断らない医療」を掲げている病院であり、超急性期から終末期まで様々な看護や医療が学べると思いました。そのような環境で自分の看護を高めていきたいと感じたため就職先として選択しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 癒しを与えられるような看護を目指しています。看護師を続けてきた中で、様々な患者さんと関わらせて頂き、これまでに関わった患者さんからたくさんの経験や学びを頂きました。その中でどんな状況でも患者さんやその家族から逃げない、伴走者でありたいと思うようになりました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 治療を頑張ってきたある患者さんが亡くなる少し前に、「あなたは心の拠り所だよ」と話して下さったことがありました。自身の病気の発見が遅れ、医療に対して不信感があり、症状コントロールにも難渋した方でしたが、関わり続けたことでこの方との関係性を少しずつ築けたのではないかと嬉しく思いました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 救命救急センターでの勤務は、看護をする上で基本的な病態生理や解剖整理を学び直すきっかけとなりました。安全安楽に看護を実践するためにとても大切なことだと気付かされました。また、知識だけでなく、超急性期にある患者さんやその家族への心理面への看護も経験し、看護師の存在は重要で、危機的状況にある方々をどうサポートしていくか、常に意識し対応しなければならないと学びました。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 看護の労働環境の改善、看護の価値を高めたいと考えています。看護という仕事は身体的精神的な負担が大きいと感じています。看護師一人一人が自分達の置かれている環境を振り返り、看護の価値を高めていけるような活動を行いたいです。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 現在、大学院で学びながら働かせてもらっています。このような環境を頂いているのも、病院や病棟のスタッフの方々のお陰だと感謝しています。また、大学院の先生方は看護現場の大変さで疲れた自分達に看護の素晴らしさを気付かせてくれる存在です。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 実践現場や大学院での学びを、後輩看護師へ伝えていくことです。実践現場だけでなく、広く言えば世界のことにも目を向けながら常に俯瞰して物事を考えられるように成長していきたいです。

Q8 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 仕事を忘れて、自分の好きなことを楽しむことです。休日は一日がとても早く過ぎてしまうので辛いですが、仕事の疲れを癒すことを一番にしています。

 

循環器内科・外科・呼吸器外科 病棟 看護師(2年目)

 「休まず元気に頑張っています!」

 ■出身校:滋賀県立看護専門学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 最先端の医療を学び、多くの疾患・患者様のケアを経験できる病院で働きたいと思い、当院を志望しました。インターシップでは患者さんの思いに対し優しくケアを行っている看護師の姿を見て自分もここで働き、患者様に寄り添うことができる看護師になりたいと強く思いました。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 手術後にドレーンの挿入をされていた患者さんが「つらかったけどたくさん支えてくれてありがとう」と言っていただき、笑顔で退院されたときは自分が誰かのために働くことができていると実感し、とてもうれしかったです。

Q3 あなたが今、業務に関すること(看護実践に限らず、後輩指導、委員会活動、部署課題取組み等もOK)で頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
私が今興味を持っていることは、緩和ケアです。以前終末期の患者さんを前にしたとき、私はその人にとっての安楽とは何かを考えましたが、行動に移すことはできませんでした。秋に開催される院内の緩和ケア勉強会に参加する予定のため、学んだことを実践ができるように学習していきたいです。

Q4 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 2年目になり、日々の業務の流れをつかむことができました。しかし、患者様との時間を十分に確保し、患者様の思い寄り添った看護実践ができていません。また、自分の知識不足を日々実感しています。わからないこをそのままにするのではなく、自己学習を深め、レベルアップできる一年にしたいです。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
友達とおいしいものをたべたり、自宅で映画を見たりして気分転換を図っています。また、愛犬と遊ぶことで日ごろの疲れが吹き飛びます。

 

中央手術部 看護師(2年目)

 「いつも元気にがんばっています。」

 ■出身校:尾北看護専門学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 私が高校2年生の時、母が病気を患い当院へ入院しました。母や私たち家族の不安な思いに寄り添う看護師に憧れて私も看護師を目指しました。私が看護師を目指すきっかけとなったこの病院ならば、私の看護観である寄り添う看護が提供できるのではないかと思い、当院を就職先に志望しました。また、当院は岐阜県の急性期医療の拠点病院であり、多くの患者さんから必要とされています。母の命を救ってくださった当院の一員として、私も医療を必要とする患者さんの力になりたいと思い、この病院を志望しました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください
 私は、限られた時間の中でも患者さんに寄り添う看護を大切にして日々努めています。現在の考えに至った最も印象的な患者さんは、術前訪問時から明るく振る舞う様子があり、「手術、何回もしているから大丈夫。」と笑顔で発言される方でした。麻酔導入が進むにつれ口数は減り、表情は強張っている様に感じたため、「不安ですよね。ずっと傍にいますから。」と手を握ると、患者さんは強く握り返して「本当はずっと怖くて。気づいてくれてありがとう。」と返答がありました。

 手術は、非現実的なことであり、誰もが不安を抱えています。人によっては不安を表出できず、一人で不安と戦っている患者さんもいらっしゃいます。限られた時間の中でその不安にいち早く気づき、表出しやすい環境の提供や、時に代弁者となることは私たちの大切な役割であると考えます。手術室では、患者さんと関わることの出来る時間は限られていますが、手術は人生の中でも大きなターニングポイントであり、そこに関わることの出来る看護師は、患者さんにとって重要な存在になり得ると考えます。患者さんの不安を感じる度に、不安がありながらも手術を行う事を選択し、私たちに命を託して頂いているからこそ、安全に手術が終えられる様に、細やかな注意や気遣いに最大限努める必要があると日々痛感しています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 術前訪問時、病気を患ったことに対して悲観されており、ネガティブな発言が多く聞かれた患者さんがいらっしゃいました。不安が強く、手術当日も入室時から涙を流されていたため、患者さんの思いに寄り添うことを大切にしながら関わりました。後日、術後訪問に伺った際に「あなたがずっと傍にいてくれたおかげで手術もがんばれました。これから始まるリハビリもがんばろうと思います。」と言われた時はとても嬉しく感じました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 新人で配属されたのが手術室でした。配属されたばかりの頃は、学生時代に学習してきた知識や技術が通用せず、特殊な環境や周術期看護に戸惑いを感じることもありました。日々、手術の流れや器械等を覚える事に必死で、手術室看護師として患者さんにどのように寄り添えば良いのか悩むこともありました。現在は、術後訪問や患者さんの背景から思いを汲み取ること、安全に手術が終えられるように細やかな注意や気遣いを大切にして関わることを意識しています。また、任せて頂ける仕事も増えてきたことに成長を感じます。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 手術室では患者さんに関わることの出来る時間が限られています。特に、緊急手術の際は物事を進める事に必死になり、患者さんの思いに十分寄り添えていなかったのではないかと反省することが多く有ります。そんな時に、自分が行った看護について指導者さんを始め先輩方と一緒に振り返りを行い、アドバイスを頂くだけでなく、出来ていることを認めていただく事があります。また、先輩方から声をかけていただくことも多く、知識や技術だけでなく精神的な面でもサポートしていただいています。

 

新生児集中治療室(NICU) 病棟 看護師(8年目)

 「かわいい赤ちゃんに癒される毎日です。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校 (第一看護学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 はじめは専門学校に通っていた時の実習先の一つでしたが、その中でも多く楽しいと感じた分野の実習ができた病院が当院でした。また、いくつかの病院で実習させていただく中で、何度も実習で足を運び、最も慣れていた病院であることも大きな理由のひとつでした。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
どんなに忙しくても、患者さんの今のニーズに合わせたケアを行うことです。目指すというより継続するべきことなのかもしれませんが、これができる先輩をみると何年経っても身が引き締まり、学びになります。忙しいと一つ一つの丁寧さが欠けやすいですが、そこに看護の質が出ると日々感じています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 担当した家族から、退院時や退院後にも名前を覚えてもらえていたことや、「ありがとう」と成長を報告していただけたことは嬉しかったです。無事に安心して退院できるまで、多くのスタッフが関わる中でも、担当として覚えていてもらえたときは頑張ってよかったと思いました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
経験を重ねても、同じ患者や同じ看護をすることはないため、チームでカンファレンスや相談をすることは多くありますが、どんな方法が良いか先輩と対等に話し合いができるようになったことです。また、教育していただく期間はいくつも指導を受け、できない自分に悔しさを感じていた日々でしたが、指導する側になり後輩から頼られるようになったことにも喜びを感じます。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
新人として入職し、分かることも少ない時期には指導されている内容も難しいことがありました。先輩の説明がとても分かりやすく、理解しやすく指導してくださった場面は今でもしっかり覚えています。また、常に一生懸命で頑張り続けることができる同期には、いつも刺激をもらっています。

Q6 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 入職して7年目ですが、私は当院の新生児センターでの経験しかなく、他病棟や他院への知識が少ないです。セミナーや学会など、他院について学べる環境を増やしていきたいです。

Q7 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
朝が苦手な私は、休日は気が済むまで寝ています。また、いろんな地域に旅行やコンサートに行くことの楽しさを同僚に教えてもらいましたが、今となっては私の中で必須行事です。その日を楽しみに仕事に励んでいます。

 

内科(循環器 等)・外科(眼科、脳神経 等)混合病棟 看護師(2年目)

 「毎日笑顔で頑張っています。」  

  ■出身校:平成医療短期大学

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 急性期治療を行っている病院に就職することで、高度な医療や看護を学ぶことが出来ると思いました。また、当院のインターンシップに参加させていただいた際に、ペアで協力しながら動いている姿や、新人へのサポート体制、PNSについて教えていただき、ここでなら知識や技術をしっかり身に付け、自分のスキルアップに繋げられると思いました。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
私の所属している病棟では、カテーテル治療や検査を行う患者さんが多くみえます。その患者さん方と関わっていく中で、口には出さなくてもほとんどの方が不安を抱えていることに気が付きました。現在はコロナ禍で面会も制限されており、特に不安は大きいと思います。そのため、コミュニケーションを通して、少しでも患者さんを安心させられるような寄り添う看護を大切にしています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 受け持たせていただいた患者さんの中で生活指導を実施させていただいた方がみえました。今までの生活などを見直し、再入院の防止や退院後に困る事がないように一緒になって考えました。退院時には「いろいろ教えてくれてありがとう。家に帰っても頑張るね。」と言葉を頂きました。その時に嬉しく感じたのはもちろん、やりがいを感じることが出来ました。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 自分一人で出来る事が増えたことです。新人の時は何をするにも初めは見学をさせていただき、その後先輩方に見ていただきながら実践することの繰り返しでした。最初は出来ないことばかりでしたが、今では出来る事が増え、任せていただくこともあるため少しは成長できたと感じています。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 先輩方は患者さんのアドバンス・ケア・プランニングを聞く際に、今後どうしたいのか、どこで暮したいのかなど親身になって聞かれていました。また、患者さんだけでなくそのご家族の話も丁寧に聞き、どちらもの意見を尊重し、全員が納得のいく方向性を決めていました。一番に患者さんや家族のことを考えて行動されている姿を見て、私も患者さんやその家族に寄り添った看護をしていきたいと改めて思いました。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 自分の趣味である映画やYouTubeをみたり、友達と連絡を取ったりしています。休日が充実していないと仕事にも影響してしまうため、休日はリフレッシュできるようにしています。そうすることで明日も頑張ろうという気持ちになれます。

 

外科(泌尿器、皮膚)・内科(消火器、呼吸器)混合病棟 看護師(4年目)

「休まず元気に頑張っています」

 ■出身校:岐阜県立下呂看護専門学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 急性期病院は患者さんにとって身体的にも一番大変な時期の入院となるため、高度な知識や技術を身につけつつ、患者さんに寄り添う看護が提供できるようになりたいと思ったからです。また、PNS方式により看護の方向性や患者さんへの関わり方について先輩に相談しやすい環境であり、様々な角度から援助の方向性を考えていけるようになりたいと考えたからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 中学生の時、入院した経験があり、その時、痛みにさらに不安がのしかかり辛い日々でした。そんな中で担当看護師さんが「大丈夫だよ」「痛み止めを使ったからすぐに良くなるよ」「何か心配なことはない?」と優しく声をかけ励ましてくれました。そのきっかけで自分の気持ちも救われたため、闘病する患者さんの気持ちに寄り添い、配慮できるような看護師になりたいと思いました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 忙しい業務に追われる中でも、一人ひとりの患者さんの話をゆっくりと聴くことが大切だと思っています。忙しい中で時間を作り、患者さんの抱えている不安に寄り添い傾聴しています。患者さんの話が終わった後に「話を聞いてもらえてうれしかったし、すっきりしました。本当にありがとう」と言っていただき本当にうれしかったです。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 新人の時は、日々の業務をこなすことだけで精一杯で、看護師として患者さんに寄り添う看護ができていませんでした。しかし、徐々に業務に慣れ患者さんの思いや希望を聞くことができるようになり、患者さんと関わる時間を大切にして思いに寄り添う看護が少しずつできるようになったかなと思います。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 今年から新人指導の係を担っています。自分が新人の時に先輩方に指導してもらったことを今度は自分が指導する立場となり、1年後の新人の成長が楽しみです。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 コロナ禍になる前は友人とご飯を食べに行ったり、ショッピングをすることで気分転換をしていました。コロナ禍の現在は実家に帰ってゆっくりしたり、音楽、映画鑑賞をしています。また、ネットショッピングもよい気分転換となっています。

 

中央放射線・内視鏡部 看護師(4年目)

「他職種、他部門とのチーム医療を意識し、専門性の高い検査・治療が円滑に行われるように、安全・安楽な看護を目指しています。」

 ■出身校:大垣市医師会看護専門学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください
 私は学生の時に急性期看護に興味を持ちました。当院は急性期病院で、多くの診療科もあり専門性の高い医療と共に最先端の医療機器を取り揃えている所や、認定看護師も多く、専門的分野において質の高い看護の提供を行える病院である事を知りました。私も最先端の環境が整っている病院で働き、知識と技術を学び、地域医療を支える一員になりたいと思い当院を志望しました。また、新人の教育体制や各部署の雰囲気などについてもホームページやパンフレットに記載されていることも大切な情報源となり、志望する決め手となりました。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 予定入院で治療を終えた患者さんに声かけを行うと「治療は怖かったけど、ここの病院の看護師さんはどこの場所へ行ってもみんな優しくて安心して治療が受けられたよ。ありがとう。」という言葉をいただき、非常にうれしかった事を覚えています。当部署だけでなく、岐阜県総合医療センターの看護師全体の事としてご意見を頂き、当院の看護師の一員である事を改めて自覚し、誇りに思いやりがいを感じました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 昨年の10月から当部署も夜勤体制が導入されました。当部署の夜勤は看護師1名でおこなうため、緊急時でも対応できる自立した看護技術が必要となります。私自身も夜勤体制導入時から夜勤人員の一員として役割を担っています。夜勤での初めての緊急カテーテル時には他部門との調整を行い、連携しながら緊急カテーテルの治療が無事に終わった後、患者さんが安堵の表情を浮かべ、ありがとうと言っていただけた時に成長したと感じる事ができました。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 今年度から実地指導責任者という役割を担う事が出来たため、後輩育成に力を入れています。人に指導を行うという事は、当然ですが自分自身も理解をしていないと人に伝える事ができないため、今までやってきた事を振り返ると共に、自己学習を深め、この三年間で先輩から学んだ事を一つでも多く後輩に伝えられるよう頑張っていきたいです。当部署は緊急カテーテル治療など、専門性の高い部署のため、部署全体で専門的な知識が高められるよう勉強会を開催し、自分自身も学びを深め質の高い看護の提供が行えるように頑張っていきたいです。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 当部署はX線透視下、清潔野の中で検査・治療が行われることが多く、常に患者の側に居る事が困難な場合もあります。入職当初はそのような限られた中で看護を行うということが想像できませんでした。しかし先輩は限られた空間、時間の中で、患者の訴えに少しでも近づけるように、何ができるかなど最善の看護を考え、行動に移し、患者に寄り添い看護をしている後ろ姿を見て、そのような環境下でも安全・安楽な看護の提供ができるという事を学び自己の看護観に影響を受けました。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 コロナ禍の前は友人とランチを楽しんだり、旅行へ出かけたりする事がストレス発散方法でしたが、最近は何かに没頭して時間を過ごす事も、私にとってのストレス発散になると感じたため、家の周囲の草むしりや各所の掃除など汗をかいて没頭した時間を過ごした後で、夕食時に好きなお酒を飲みながらお家時間を過ごす事がストレス発散です。

 

内科(循環器 等)・外科(眼科、脳神経 等)混合病棟 看護師(4年目)

「新人指導、リーダー業務を頑張っています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第二看護学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 高度医療を担う急性期の総合病院であり、最先端の病院で働きたいと思ったからです。急性期では看護の展開が早いですが実習時代患者さんに寄り添い看護をする看護師を身近で見る事ができ、私も高度な知識や技術を身につけ患者さんの一番の身近な存在として患者さんの力になりたいと思ったからです。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
患者さん・家族の方の思いに寄り添った看護を目指しています。慣れない環境で退院への生活に対して不安を抱いている人もみえます。何が不安であるのかその不安を少しでも解消し退院できるよう、日々の患者さんとのコミュニケーションの中で私たち看護師に何が出来るか考えながら関わっています。先輩が忙しい中でも患者さんとの時間をつくり思いを傾聴している姿をみて、私も改めて患者さんとご家族の思いに寄り添う大切さを学びました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 急性期であるためゆっくりと患者さんと関わることが難しいですが治療や検査において不安や悩みがある患者さんから手紙をもらいました。そこには患者さんの思いがかかれていました。少しでもその思いや希望に寄り添えるように多職種と手紙の内容を共有し一貫した看護ができるように取り組みました。退院時患者さんから「一晩考えて紙に書いたものをしっかり読んでくれて、私の気持ちを汲み取ってくれてありがとう」とお手紙を頂いたことです。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 展開が早く急性期の中で新人の時には自分の仕事で精一杯になってしまい患者さんとの時間を十分にとることができていませんでしたが、4年目になって少しずつではありますが患者さんの身の回りのことに気を配れるようになりました。日々の会話の中で患者さんの思いに寄り添い希望に沿った看護ができるよう心がけることが出来るようになってきたかなと思います。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 今年から実地指導者として後輩指導に携わっています。新人さんにどのようにしたら分かりやすく知識や技術を伝えることができるか考えながら指導しています。新人さんは慣れない環境であるため委縮しないような雰囲気作りも心がけています。指導していく中でも改めて自分自身の学びを深めていきたいです。新人さんができることが増え自立して看護をしている姿をみることは嬉しく思います。

Q 6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 私が新人の時に、わからないことはわかるまで時間をかけてでも熱心に指導して頂いたのを覚えています。又、患者さんの看護の方向性について悩んでいた際に先輩の力をお借りして看護実践ができました。私もそのような学びを後輩に伝えていきたいです。そして今ではわからないことや疑問に感じたことは同期とも相談し合いながら一番身近な存在として日々助け合いながら業務しています。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 病棟のリーダーとしても今よりもさらにステップアップしていきたいです。業務が円滑に安全に行えるようにスタッフ全員に目を配れるようにしていきたいです。夜勤リーダーに向けて先輩の動きをよく見てリーダーとしての学びも深めていきたいです。

Q8 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 現在はコロナ禍なので映画を見たりショッピングをしたりしています。感染が落ち着けば以前のように旅行にも行きたいです。今はお家時間が増えたので苦手な料理にも挑戦できればいいなと思います。

 

人工透析部 看護師(23年目)

「基本的にネガティブな私でも楽しく仕事ができるよう、些細な『おもしろ』を見つけるようにしています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 実習病院で親切に教えてもらえて決めました。就職してから一番感じることは教育体制が整っていることはもちろんのこと、自分のやりたい看護を見つけ努力すれば、より専門的な知識を得るための機会を得られ、支援体制が整っていることは魅力的だと思います。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 人工透析部の看護師として常に安心、納得して治療を受けることが出来ることを目標に看護しています。それは私の指導や治療管理で患者さんやご家族の将来的な生活を大きく左右することを経験し、患者さんやご家族が「話を聞いて良かったわ。」や「あんたのおかげで安心して治療を受けられるわ。」などといった声掛けに励まされてきたからです。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 子育てのために一度離職し、子育てや主婦業に自信が無くなっていた時に「もう一度働いてみない?」と誘われ再就職し、患者さんやご家族の方や同僚からも頼りにされて「こんな私が役に立てることがこんなにあるんだ。」と実感できた事です。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 肉体的には白衣が年々きつくなり丸みを帯びてきましたが、精神的にも体の成長とともにおおらかとなり患者さんの訴えをじっくりと時間をかけて聞き、患者さんの意思を尊重できるように医師と意見交換ができるようになったことです。

Q5 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 腎不全看護はより専門性の高い知識や技術を必要とし、多職種連携や地域との繋がりが患者さんの予後に大きく影響するため、多職種で構成される腎不全チームを立ち上げてより質の高い医療提供を目指し活動しています。

Q6 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 ある先輩から「患者さんの心を掴んだ時、鐘がなるじゃない?」と若いころに言われた言葉は今でも私の心に残っています。患者指導は内容も大切ですが、患者さんのやる気を引き出すことがとても重要で、今までやる気が見えなかったり、興味なさそうな人が身を乗り出して私の話を聞いてくれるようになった瞬間を「鐘がなる」と表現し教えてくれた先輩を今でも尊敬しています。

Q7 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?
 今年度に入り90代の透析導入を実施するようになりました。高齢者の患者さんやご家族は「透析したら元気になる」や「透析の間は病院でお世話になれる」などの自分達に都合の良い理解で透析導入を決められ、その後導入を後悔されることもあります。これから更に高齢化する導入患者さんに対応できるように腎代替療法選択指導を患者さんやご家族の視点に立ち、より具体的で理解しやすい内容で実施できるように腎代替療法専門指導士の資格を取得することが目標です。

Q8 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 休日はとにかく寝ます。そして溜まったビデオを見て無為に過ごします。休みが連休の場合は、次の日は何をしようかとワクワクして過ごします。3日間の休みが確保できるときは、家の掃除や少し手の込んだ料理を作るなど家族と過ごす時間を大事にしてリフレッシュしています。

 

内科(呼吸器、糖尿病、血液 等)病棟 看護師(2年目)

「患者さんとご家族の思いを尊重した看護ができるように頑張っています。」

 ■出身校:岐阜市医師会看護学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 私が当院を選んだ理由は、新人教育が充実していたからです。新卒として就職したため、様々な知識と技術を身につけていきたいと考えていました。実際に働いてみて、新人教育のカリキュラムがきちんとしていることを実感し、一年目以降も看護師として必要なことを着実に身につけていくことができています。

Q2 あなたのめざす看護について、めざすきっかけ等も交えて教えてください。
 私は患者さんとご家族の思いを尊重した、安全で安楽な看護を行うことを目指しています。日々の業務をこなしていくことに精一杯になりがちですが、患者さんとご家族が安心して過ごせるようコミュニケーションを大切にしながら看護を行っていくように心がけています。

Q3 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 私が働く中で看護師になってよかったと感じる場面は、患者さんやご家族から感謝の言葉を頂いたり、元気に退院して行く姿を見ることができた時です。また、看護ケアなどを通してコミュニケーションを深め、患者さんのことを知っていく中で自分の名前を覚えて頂ける時も嬉しく感じます。

Q4 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 入職した当初は、慣れない仕事で効率よく業務をこなすことができず悩みました。
しかし、先輩方が常に丁寧なサポートをして下さったおかげで乗り切ることができ、今も頑張ることができています。はじめの頃よりは考えて動けるようになりましたが、まだ未熟な面が多いため知識と技を高めると共に効率の良さだけでなく患者さん、ご家族との関わりも大切にして働きたいと思っています。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 私は、休日に友人と買い物に行ったり、愛犬と過ごすことで気分をリフレッシュさせています。また趣味である海釣りに行くことでストレスを発散しています。今はコロナ禍で行けていませんが、また船に乗ってイカ釣りに行ったり、堤防でのんびり釣りをしに行きたいと思っています。

 

重症心身障がい児施設 看護師(9年目)

「子どもに寄り添った看護をしていきたいです。」

 ■出身校:日本中央看護学校

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 学生時代、小児実習で看護師が子どもだけでなく親を巻き込んで看護をしている姿や、受け持ちだった子が元気に退院していく姿を見て、小児看護に興味を持ったからです。当院は小児科病棟、小児循環器、NICU、重症心身障害児など数多くの病棟があり、小児看護に対して多くの知識を学べると思ったからです。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 長い間入院されていた家族や子どもが退院された時、受け持ちの看護師があなたで良かった。ありがとう。とお母さん、お父さんから言われた時です。また、在宅に帰られた後も、病棟まで会いに来てくださり、元気な姿を見せてくれた時は看護師になってよかったなと感じました。

Q3 当センターで働く中で、あなたが成長できたと実感したエピソードを教えてください。
 重症心身障がい児の子達の表情の変化や、心拍や体温などの数値情報から、快・不快を私たちに伝えようとしてくれているな、と感じとれた時です。障がいのある子は言語的表現でのコミュニケーションは伝わりにくいという印象がありますが、子どもと触れて得られる情報は個々によってさまざまであると感じています。

Q4 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 今年は新人教育に力をいれています。すこやか病棟は入所児の生活の場です。病棟と比べて治療という視点ではなく、その子が苦痛を感じないよう穏やかに生活が過ごせる看護が大切になってきます。重症心身障がい児の看護は奥が深くアセスメント力が問われますが、新人と共に自分の知識や経験を振り返る毎日です。

Q5 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 受け持ちの子で悩んでいる時、親身になって相談にのってくれる先輩はとても心強いです。私は、小児科歴が長いので新人の頃からお世話になっている先輩方も多く、いつも支えてもらっています。先輩方の経験から学ぶことは多く、私も後輩に対してそうでありたいと思っています。

Q6 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 コロナで外出がなかなかできませんが、コロナ前は友達と海外旅行に行って、非日常体験をするのがとても楽しかったです。国内では沖縄に行ってダイビングをしていました。今は家で映画を見たり、飼っている犬と遊んで癒されています。

 

外科(脳神経、口腔)・耳鼻咽頭科 病棟 看護師(18年目)

「時短制度を活用し、スタッフの協力を得て続けることができています。」

 ■出身校:岐阜県立衛生専門学校(第一看護学科)

 

Q1 あなたが岐阜県総合医療センターを就職先に選んだ理由を教えてください。
 総合病院で基礎知識から幅広い分野を学びたいと思い選びました。病棟をいくつか経験して、今でも各専門分野を学んでいく過程にあります。

Q2 当センターで働く中で、あなたが「看護師になってよかった」「うれしかった」「やりがいを感じた」と思ったエピソードを教えてください。
 入院するということは、健康障害があるということ。その中で辛い思いに寄り添ったり、できるようになったことを一緒に喜んだりと、感動がたくさんあります。「あの時〇〇と言ってもらって、安心した」と心に留めてもらえた時は嬉しいですね。

Q3 あなたが今、業務に関することで頑張っていること、興味を持っていることについて教えてください。
 看護学生の実習指導を担当する時は、それぞれの成長をみるのが楽しみです。初めは緊張で固い表情から、徐々に患者さんと関係を築いていき、看護展開を学んでいく過程で指導の難しさ、楽しさを感じながら、私も学ぶ機会となっています。

Q4 あなたの看護実践に影響を与えた(支援してくれた)上司、先輩、同僚とのエピソードを教えてください。
 患者さんとの話や、厳しい指導で辛かったことなど話を聞いてくれた同期の仲間です。いろいろ話すことで看護を深められたと思います。働く場所が違う今でも心の支えになっています。

Q5 あなたのリフレッシュ方法、ストレス発散方法や休日の過ごし方を教えてください。
 自然に触れることで癒されます。ピクニックやキャンプを家族で楽しむこと。子どもと一緒に山登り、近いうちに実現したいです。