Just another WordPress site

トップ > 教育・キャリア支援 > 新人の声(2018年入職者)

新人の声(2018年入職者)

今年4月に入職した新人さんへ今の気持ちをインタビューしてみました。

 

3階西病棟

当院に就職した理由は

当院には、様々な領域で働きやすい環境や設備が整っており、自分自身が大きく成長できると感じたからです。また、PNSシステムの新人教育は、先輩に質問しやすく、不安を感じることなく安心して働けることに魅力を感じ、同時に看護のより深い知識・技術を習得することができると思ったからです。

 

目指す看護師像は

常に笑顔を忘れず、思いやりを持ち、患者さん一人ひとりに寄り添った看護を提供できるようその方に必要な看護が何かを疾患と結びつけてアセスメントができる看護師です。そして知識や技術のみならず、患者さんの家族にも目を向け、安心感や信頼していただけるような看護師を目指したいです。

 

仕事のやりがいは何か(または仕事で嬉しかったことは何ですか)

患者さんやその家族、または他のスタッフなどから「ありがとう」の感謝の言葉をもらった時に、仕事のやりがいを感じます。新人であっても一人の看護師として見てもらい、認め、評価してくださった時にはとても嬉しかったです。また、日々色々な患者さんと出会い関わり交流できることに喜びを感じます。

 

どのようなサポートを受けていますか

精神面では、エルダーさんとの面談を通して、悩みを相談しアドバイスをいただけています。実地指導者さんからは、わからない技術を1対1で細かく丁寧に教えていただき、スキルアップを常にできる環境です。また、新人支援会議では、1ヶ月の振り返りをするとともに課題を見つけ、それに対して解決できるようなサポートをしてくださっています。

 

気分転換はどのようにしていますか

休みの日に友達とご飯や遠出をするなど、リフレッシュができる時間を作っています。仕事の悩みについては、同期に相談にのってもらったりして悩みを共有することで、前向きな気持ちに変わり仕事に対してやる気も出るため、同期との関わりは特に大切にしています。

 

看護師を目指す学生へ一言

今は国試や学校の試験に向けて勉強を頑張っていると思います。しかし、試験のために勉強していることは、臨床の場でもとても役に立っています。無駄な学びは1つもなかったと働いてから感じました。覚えることはたくさんあり大変だと思いますが、今後必ず自分のためになるので、看護師になりたい気持ちを忘れず頑張ってください。

 

3階東病棟

当院に就職した理由は

学生の頃に重症心身障がい児の看護に携わってみたいと思い、重症心身障がい児施設を併設し、急性期から慢性期まで幅広く様々な小児看護に力をいれている当院に魅力を感じました。また、実習やインターンシップで患者さんへの誠実な看護師の関わりをみて、私も当院で働きたいと思いました。

 

目指す看護師像は

患者さんにとって親しみやすく癒やしの存在でありたいと思っています。患者さんやその家族が大事にされていると感じてもらえるように、患者さんやその家族に寄り添って心をこめて看護がしたいです。そのために専門的な知識や正確な技術を身につけることはもちろんのこと、日々のコミュニケーションを大切に、人としてのつながりや関係性を大事にしていきたいです。

 

仕事のやりがいは何か(または仕事で嬉しかったことは何ですか)

患者さんの回復過程や成長発達を患者さんやその家族と一緒に喜べることにやりがいを感じます。患者さんや家族の笑顔が見ることができた時や感謝の言葉をいただいた時は、嬉しい気持ちになり仕事を頑張ろうという励みになっています。

 

どのようなサポートを受けていますか

病棟での勉強会や院内の小児系の勉強会など疾患や看護について学ぶ機会があります。
看護体制としてはシャドー、トリオを経て、現在はペアになった先輩と数名の患児を受け持ち看護を行っています。分からないこと不安なことを聞きやすい環境にあり、安心して働くことができています。

 

気分転換はどのようにしていますか

高校や大学時代の友人とご飯に行ったり、話をしたりしてリフレッシュしています。食べることが好きなので、おいしいお店を探すのを楽しみにして仕事も頑張ろうという気持ちになれています。

 

看護師を目指す学生へ一言

実習やインターンシップでの患者さんとの関わりから感じたことは、今の自分の看護観に繋がっています。働き出してから出会った患者さんやお世話になっている先輩からいろんなことを学んでいきたいと思っています。実習など大変でつらいときも多くあると思いますが、1つ1つの経験を大切に自分の力にしていってほしいなと思います。

 

4階東病棟

当院に就職した理由は

当院では、正常分娩や褥婦さんのケアだけでなくハイリスク妊産褥婦の管理やケアなど様々な事例の勉強会ができると思い、就職を希望しました。また、BFHを獲得しており乳房管理についても深く学べるところが魅力に感じました。

 

目指す看護師像は

妊産褥婦さん、赤ちゃん、ご家族の心と体に寄り添い、小さな変化にも気づき、すぐに対応できるようになりたいです。また、緊急時にも冷静かつすばやい対応ができるように判断力や技術を身につけたいです。

 

仕事のやりがいは何か(または仕事で嬉しかったことは何ですか)

産後、なかなか母乳が出ないお母さんや授乳がうまくいかないお母さんに対して、背部のオイルマッサージのケアや毎回授乳に付き添い、お母さんと赤ちゃんにあった授乳方法を一緒に考えお手伝いすることで、退院時には母乳が出るようになったり、授乳がうまくいくようになった時は嬉しいです。

 

どのようなサポートを受けていますか

まだ経験していない技術や事例があれば先輩は積極的に声をかけてくださり、日々新しい知識や技術を学べるようにしてくださっています。初めて行う技術などは、傍で見てくださり終わった後は振り返りを行い、次に活かせるようサポートして下さいます。

 

気分転換はどのようにしていますか

休みの日は、同期と遊びに行くことやお互いの家に行き、一緒に料理をして作ったものを食べたり話したりしてストレス発散しています。また、連休や夏休みには家族と友達と遠出しリフレッシュしています。

 

看護師を目指す学生へ一言

当院の産科・MFICUでは正常分娩だけでなく異常事例、ハイリスク妊産褥婦の管理など多くのことを学び経験になります。私も最初はやっていけるか不安はありましたが、先輩方がいつも傍で支えて下さるので心強いですし、早く病棟の力になれるよう成長したいと思います。是非一緒に働きましょう。待っています!

 

 

5階西病棟

当院に就職した理由は

看護学校の実習病院として来ていました。教育体制がしっかりしており、丁寧に教えていただけたので、この病院なら深く学ぶことができると思ったからです。

目指す看護師像は

疾患や治療を理解したうえで、患者さんに必要な看護を、患者さんと会話をしながら自ら考えられる看護師になりたいです。どんなに忙しくても患者さんの気持ちを考えて寄り添うことのできる看護師になりたいです。

仕事のやりがいは何か(または仕事で嬉しかったことは何ですか)

ある時、呼吸苦があり不安も強い患者さんから、「呼吸が苦しい」とナースコールがあり、一緒にいて背中をさすり、呼吸を整えられるよう声かけをしたことがありました。すると患者さんから、「看護師さんが、そうやって背中をさすってくれるだけでも全然違う」と言われました。その時、入職して間もなかった私は、看護師であることを改めて自覚し、自分の言動一つ一つが患者さんへの影響が大きいと実感することができました。また何より背中をさすったことで患者さんの不安を軽減できたことが嬉しかった。

 

どのようなサポートを受けていますか

看護技術が一人でできるまでには基本的に3回程度は必要ですが、不安がある時には自信がつくまで見守っていただいます。また、朝、患者さんの情報を合わせるときは、患者さんの治療状況、それに沿った看護やどんなとこころに注意して観察すると良いかを一緒に確認していただいています。不安なことやわからないことは聞きやすい環境です。

 

気分転換はどのようにしていますか

一番は、スッキリするまで寝ることです。次の日の仕事にも影響が出るので、休養はしっかりとります。そして、趣味の習い事に通って思いっきり動いています。ほかに、同期と会って気が済むまで語りつくしたり、笑いあったりしています。

 

看護師を目指す学生へ一言

学生の頃に習う看護技術・勉強・実習は、病院で働いてからもとても役に立つので、全力で精一杯取り組むと良いと思います。また、学生の頃の友達は就職した後も大切なので、一緒に悩んだり楽しんだりしながら実習を乗り越えていくと良いと思います。

 

 

6階東病棟

当院に就職した理由は

学生時代、当院で実習する機会が多く、忙しい中でも患者さんに寄り添う看護師の姿を見て憧れを抱いたのがきっかけです。当院に就職した学生時代の先輩から、「就職して良かった」という声を聞いたり、総合病院ということで多くの疾患を学べる環境にあるということも魅力でした。

目指す看護師像は

少しでも苦痛を緩和できるように関わる先輩の姿、退院を見据えて関わる姿、家族と共に悩みより良い方法を提案していく姿など、患者さん・家族が求めているものに気付き関わる先輩方の姿は、本当に凄いなと日々感じています。私も観察の視点を大切にし、一人ひとりに寄り添った看護が提供できるようになりたいと思います。

トリオからペアへの移行、夜勤の自立など、任せていただける仕事が増えてきたときは不安もありましたが、その分やりがいにもなりました。まだまだフォローしていただいてばかりですが、自分なりに考えて実践したことを認めていただけた時は嬉しかったです。患者さんや家族の方からいただく言葉に元気をもらうことも多く、とても励みになっています。

どのようなサポートを受けていますか

新人一人ひとりにエルダーが付くサポートがあり、病棟全体でも新人を気にかけて下さるのでとても心強いです。病棟内での勉強会もあるので知識・技術共に学べる機会も多いです。必要な技術に関してはチェック表を用いて確認を行い、今年度中に全て合格を目標に取り組んでいます。

 

気分転換はどのようにしていますか

同期とご飯に行ったり、友達と出かけたりして気分転換をしています。連休があると地元に帰り、家族や地元の友達に会って元気をもらっています。先輩が一緒にご飯に行ってくださったこともあり、相談にのっていただくこともありました。夜勤後は美味しいものを食べたくさん寝てリセットしています。

 

看護師を目指す学生へ一言

実習や課題に追われて毎日大変だと思いますが、学生時代の経験が今後の自信にもつながってくると思います。就職して半年以上経った今、忙しい中でも充実しており、当院に就職して良かったと日々感じています。皆さんと働くことができるのを楽しみにしています!

 

7階西病棟

当院に就職した理由は

この病院に入院したことがあり、その時担当してもらった男性看護師を見て「カッコいいな」と思ったのが最初のきっかけです。また、急性期の病院で教育体制が整っており、ケアや技術など経験機会が多く看護師として成長できると思ったからです。

目指す看護師像は

患者さんやその家族に「この看護師なら安心して任せられる」と思ってもらえるような看護師を目指しています。そのためには、看護師としての技術はもちろん、患者さんの立場に立って物事を考えられるような関わりができることが大切だと考えています。日々の学習や仕事を大切にしていきたいです。

仕事のやりがいは何か(または仕事で嬉しかったことは何ですか)

所属する部署は、日常生活動作に介助を要する患者さんが多く看護師もリハビリを行うのですが、毎日訓練をかんばってやっていくことで、前にできなかったことができるようになるのが嬉しいですしとても看護のやりがいを感じます。また、患者さんから質問された時に、自分の勉強したことを説明し納得してもらえた時も嬉しかったです。

 

どのようなサポートを受けていますか

全体研修では、看護師として働く上での基本的なところから学ぶことができます。所属する部署では定期的に勉強会が開かれ、実際に医師やその分野に特化した看護師が講師として教えてくれるので、とても分かりやすく、看護やケアに活かすことができています。また、先輩たちは丁寧に指導してくださるので、分からないことや相談したいことはすぐ先輩に聞くようにしています。

 

気分転換はどのようにしていますか

社会人のサッカーのチームに所属しており、仲間とサッカーをしている時がとても楽しいです。異なる職業の友達と仕事の話をすることも、とても気分転換になります。また、車が好きなのでドライブに出かけます。

 

看護師を目指す学生へ一言

今は、実習や勉強で大変だと思いますが、看護師として働き始めた時に必ず役立つと思います。そのことは今実感しています。