Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介

あなたが目指す看護に向かって


私たちは日々、患者さんの生命と人間性を尊重し、心のこもった質の高い看護を実践しています。教育プログラムが充実しており、ひとりひとりがステップアップできます。認定看護師や専門看護師の資格を得ることもできます。 さあ!あなたの看護の木を当院で見つけましょう。

 

 

 

看護職員 759名(2019.4.1現在)

 

 

看護部長あいさつ

副院長兼看護部長 古田 明美

当センターは、岐阜医療圏に位置し高度医療を担う急性期の基幹病院であり、重点医療をセンター化し、取り組んでいる604床の総合病院です。岐阜医療圏だけではなく、岐阜県全体の医療の高度化を図り、県民の生活を守る。つまり県全体の医療に資することが大きな使命です。
看護部では病院の使命を果たすために必要な人材の育成に力を入れています。年間通して行う新人教育は、実務に必要な基本的教育だけでなく、同期としての強い横のつながりを意識して計画しています。また、経年別にジェネラリストとなるための教育が計画されており、各部署でサポートし、されながら経験を積んでいきます。また、2人の看護師がお互いに補完し、協力しあうパート
ナーシップ看護体制(PNS)が全ての部署で行われています。このことは、臨床の場面を通して指導が行われることであり、講義や教科書では学べない貴重な成長の時間となっています。キャリア目標に向かって活き活きと働き続けられる環境を整えていきたいと考えています。