Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介 > 部門紹介 > 6階西病棟

6階西病棟

6階西病棟

診療科:整形外科・呼吸器外科
病床数:40床

 

  • 整形外科:骨折、脊椎疾患、四肢切断など
  • 呼吸器外科:肺がん、気胸など

 

特徴

6階西病棟は整形外科・呼吸器外科の混合病棟です。
当病棟の患者さんは交通事故による怪我やスポーツ障害など、子供から高齢者まで幅広い年代の人であるため、小児・成人・老年といった様々な看護が出来ます。
また、緊急入院となり日常性活動作(ADL)が低下している状態の方が多いため、入院生活を送る上でADLの援助はもちろんのこと、急な入院となるため精神的なフォローが必要とされます。


手術になることがほとんどであり、急性期・周手術期からリハビリテーション看護が中心となります。


退院サポート部と自宅への退院に向けて社会資源の活用や回復期施設との調整も行い、 安心して退院あるいは転院できる援助も大切にしています。

 

アピールポイント

手術などを経て、患者さんのADLの状態が目に見えて変わっていきます。例えば、整形外科では骨折など骨や筋肉の疾患が多いので、それらが回復すると「ベッドから車椅子に移動できる」「歩ける」などできることが増えていきます。そのため、患者さんの回復具合を自分の目で感じとり、やりがいを感じることができます!


リハビリ担当の理学療法士や、退院サポート部の担当者との連携も多く、多職種で患者さんにアプローチしていくこともできます。

 

病棟看護師の声

PNS(パートナーシップナーシングシステム)を取り入れており先輩看護師が近くにいます。
わからないことがあったらすぐに相談しやすいですよ。
また、毎月新人サポート会議があり、新人支援体制も整っています。
初めはわからないことばかりで不安だと思いますが、私たちと一緒に頑張りましょう♪