Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介 > 部門紹介 > 10階西病棟

10階西病棟

10階西病棟

診療科:神経内科・腎臓科・循環器内科・脳外科

病床数:40床


10階西病棟は病床数40床の内科系混合病棟で、神経内科・腎臓科・循環器内科・脳外科の4科で構成されています。

 

仕事紹介

  • 神経内科:脳梗塞、パーキンソン病、神経難病など
  • 脳外科:脳梗塞

麻痺や嚥下障害・歩行障害などの患者さんが多くみえます。入院による活動性の低下により廃用をきたす患者さんも少なくはないため、病棟ではバランスボールを使用した運動を取り入れる等、残存機能の維持向上を目指して看護を実践しています。

 

  • 腎臓科:腎炎、慢性腎不全の透析導入、ネフローゼなど

血液透析や腹膜透析を行う慢性期の腎臓病や検査入院など、幅広い層の患者さんがみえます。腎臓病は日常生活に制限が必要なことが多いため、長く病気と付き合っていけるようにわかりやすい説明や指導を心がけています。

 

 

  • パートナーシップナーシングシステム(PNS)

2人の看護師がパートナーとなり、安全で質の高い看護をともに提供しています。よきパートナーとして対等な立場でお互いの特性を生かし、相互に補完し協力し合って毎日の看護ケアを行います。また、委員会活動、病棟内の係りの仕事にいたるまで、1年を通じて活動する看護体制です。

 

  • お互いの技術や知識の補完
  • パートナーに相談できる
  • 看護の質が高まる
  • モチベーションの向上
  • 超過勤務の減少

  • 安心感が高まる
  • インシデント等のリスクが減少
  • 急変時の迅速な対応

 

  • チーム医療

神経内科ではリハビリカンファレンス、腎臓科では透析室との合同カンファレンスを定期的に行っています。医師・病棟看護師はもちろん、リハビリ技師・薬剤師・栄養士・退院調整室看護師などが参加し、病状や患者背景について情報共有し、患者さん本人や家族の希望を取り入れながら、皆で協働して個別性のある支援を目指しています。

 

ぜひ、一緒に働きましょう!

 

 

先輩看護師からの声

10階西病棟はスタッフ全体の雰囲気が明るく、優しく、とっても働きやすい病棟です。日々大変なこともありますが素敵な先輩、同期、後輩たちの支えでいつも安心して働くことができます。
ぜひ10西へ!

 

 

私が当院に入職した理由は、学生時代に実習先であったこと、日々学習できる環境が整っているところが決め手です。
看護師として働いていけるか初めは心配でしたが、現在PNSが導入されているので、先輩に相談しながら、安心して働くことができます。また、10階西病棟は雰囲気も良く、先輩から指導も受けられるので、多くの知識や技術を学ぶことができます。ぜひ、一緒に働きましょう!