Just another WordPress site

トップ > 看護部の紹介 > 専門・認定看護師の紹介

当センターでは、看護の質を向上させるために必要な領域の認定看護師を積極的に育成しようと考えています。各領域の受験から合格後の教育課程にかかる費用に関してはすべて支援し、勤務扱いとしています。資格取得後は、各分野で質の高い看護を提供しています。学会発表は出張扱いとし、ほかに学術集会や研修会等の参加も出張で認めています。この対応については、認定看護師の役割から患者や家族、スタッフに常に最善の看護実践を提供し、そのためには専門分野の動向や最新の情報を把握し、自らの看護実践に反映していく必要性があると考えるからです。

 

専門看護師紹介

≪専門看護師≫


小児看護専門看護師2名  がん看護専門看護師1名  


    
≪認定看護師≫


がん化学療法看護認定看護師2名  がん性疼痛看護認定看護師1名  乳がん看護認定看護師1名
がん放射線療法看護認定看護師1名
感染管理認定看護師3名  救急看護認定看護師2名  集中ケア認定看護師1名
小児救急看護認定看護師1名  新生児集中ケア認定看護師1名
糖尿病看護認定看護師1名   摂食・嚥下障害看護認定看護師1名
皮膚・排泄ケア認定看護師3名 
認定看護管理者1名

 

小児看護専門看護師 若山志ほみ(看護師長)

小児看護の対象である子どもたちの疾患や成長発達段階、健康障害のレベルなど置かれている状況は様々です。また、育児不安などを抱えている家族やひとり親家庭も増加し、家族も様々な場面で困惑しています。多くの課題に直面している子どもたちや家族が持っている力を十分に発揮し、自らそれを乗り越えていけるようなサポートをしていきたいと考えています。子どもの最善の利益を守るために家族とのパートナーシップを形成し、医療スタッフと協働して看護の質の向上を目指します。

 

 

がん看護専門看護師 藤内眞理(看護師長)

がん看護専門看護師は現場の看護師を助け協働しながら、がん患者とその家族がその人らしい生き方を選ぶことができ、問題が対処できるように支えることが大きな役割です。緩和ケアチームやがん相談支援センターなどの活動を通して、がんによる様々な苦痛、不安、悩みを解決できるように一緒に考え、がん患者や家族、さらに看護師を支えていけるように努力していきたいと思います。

 

 

認定看護師紹介

新生児集中ケア認定看護師 石竹充季

新生児看護では、言葉を話すことができない赤ちゃんに対し、小さな変化を見落とさず訴えを読み取り、優しいケアを提供することが大切です。小さく生まれた赤ちゃんを前に怖くて触ることもできない両親に、赤ちゃんの気持ちを伝え家族の関係を橋渡しするのも看護師の役割です。赤ちゃんの笑顔は最高の学びであり、大きくなって会いに来てくれることが、看護師としてやりがいに繋がります。

 

感染管理認定看護師 蟹 恵利加

私は昨年感染管理認定看護師の資格を取得しました。現在は3階西病棟に所属し、現場スタッフの協力の下、ICUを中心とした感染対策に取り組んでいます。現場における感染対策を実践しやすい環境作りや、感染制御のために必要な知識の普及・指導・相談など、医療スタッフが統一した感染対策を実施できるような努力をしていきたいと思います。まだまだ未熟ではありますが精一杯頑張ります。皆様ご協力よろしくお願いします。

 

がん化学療法看護認定看護師 渡邉由佳子

『患者さんらしく前向きに治療が受けられるように』


がん化学療法を受ける患者さんは、治療に対する不安や、副作用の苦痛を持ちながら治療されています。患者さんが、安心して治療が受けられるよう安全・安楽な投与管理に努めています。また副作用症状に対しても患者さんを支えているご家族の言葉を聞きながら、少しでも症状が緩和できるよう対処方法の選択・精神支援を行っていきたいと思っています。

 

がん性疼痛看護認定看護師 山中富喜子

『当院に通院・入院するがん患者の安楽な生活を目指して』


がん医療センターに所属し、緩和ケアチーム専従看護師として、また、がん相談支援センターの相談員として活動しています。がん性疼痛とはがん患者さんが体験する全ての苦痛のことを言います。体の痛みや日常生活の制限、心の痛み、社会的な問題などです。がん患者の生活の質が向上するためにはがん性疼痛のコントロールが重要です。そのために当院の緩和ケアチームはチーム医療で取り組んでいます。さらに、院内外のがん看護の質が向上するために地域の看護師教育にも協力していきたいと思っています。

 

救急看護認定看護師 長谷川幸雄

『よりよい救急医療の提供を目指しています』


主に救急救命センターの救急外来および入院病棟で活動しています。
救急外来では、急な発熱や打撲といった軽傷な患者さんや心筋梗塞や脳卒中、大規模な事故など命に関わる重症な患者さんへの看護を行っています。また、看護スタッフや研修医など院内スタッフへAEDの使用なども含め救命技術指導を行っています。こういった活動により、チーム医療として患者さんへよりよい救急医療が提供できるよう努めています。

 

小児救急看護認定看護師 長屋勝之

『子どもの健やかな成長発達のために』


子どもの救急場面において、治療や処置について子どもの成長・発達に応じた説明を行い、子どもが「頑張ったよ」と実感できるように関わっています。    
子どもに関わるスタッフと共に、子どもとその家族にとってよりよい看護ができるように、日々努力していきたいと考えています。また、育児支援や子どもの事故予防などについても、地域の関係者と連携を図りながら活動しています。

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師 田中さとみ

『あきらめない看護!患者さんの笑顔が見たい!』


意識障害のある患者さんが意識を回復し、日常生活行動を再獲得し食べられるようになることは非常に嬉しいことです。患者さんやご家族の笑顔や喜ぶ姿を拝見し、少しでも力になれればと思い認定看護師となる決意をしました。食べることは人間にとっての楽しみや生きがいとなります。一人でも多くの障害を抱えてみえる患者さんやご家族の支えとなれるよう頑張りたいと思います。また、医師をはじめ他職種との連携を図り、NSTでの活動を含め、スタッフへの相談・指導を行い、質の高い看護を提供できるように努力したいと考えています。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師 伊藤由見子・野々村育栄・三輪恵美

『入院から退院後にいたる快適に日常生活が送れるよう援助します』


皮膚排泄ケアは、創傷・褥瘡・ストーマ・失禁に関するケアの実践や相談、スタッフ指導などを3名の皮膚排泄ケア(WOC)認定看護師で協力して行い、院内全体のケアが充実するように取り組んでいます。
ストーマ外来では、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造設された患者さんの日常生活の悩みの相談や皮膚障害の予防ケアを行っています。入院中の患者さんに対しては、病室に伺い、褥瘡(床ずれ)予防や傷の手入れ、排泄物による臀部・陰部のかぶれなど皮膚に関する全般的なケア病棟看護師と協力して行っています。