Just another WordPress site

トップ > 看護師のしごと > 先輩の声

先輩看護師の声

わたしたちと一緒に働きましょう!!

 

外科系病棟 看護師(3年目)

 出身校:岐阜県立衛生専門学校

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


実習病院であった当センターで、看護師さん方がテキパキとケアを行い、患者さんに寄り添って関わってみえる姿を見て、「わたしもこの病院で働きたい。急性期看護を学びたい」と思いました。

 

Q2 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


経験を積むことで、徐々に患者さんやご家族とのよい関係作りができるようになってきました。退院される際に患者さんやご家族から「ありがとう」と言われた時や、わたしが関わったことで患者さんに笑顔がみられた時に、「患者さんにとっていい看護が提供できるようになってきたのかな」と感じます。

 

Q3 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


同じ病棟の先輩方を見て、「すごいな」「わたしもこうなりたいな」と思うことや、学ぶことがたくさんあります。先輩方は患者さんに寄り添った関わりはもちろんのこと、日々状態が変化していく中で、その時に必要な看護を提供しています。そういう先輩方と一緒に働くことで、先輩方の知識・技術を吸収していきたいです。

また、当センターでは様々な研修が開催されており、教育体制が整っているので、それらを活用しながら勉強に取り組み、成長していきたいです。

 

小児系病棟 看護師(8年目)

 出身校:愛知県立大学

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は


「小児系の病棟で働きたい」と強く思って就職先を探していました。当センターは小児系の診療科、病棟数、病床数とも多く、幅広く様々な小児看護に取り組めることに魅力を感じました。

 

Q2 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


小児系の病棟で勤務したいと思って就職しましたが、小児の急性期看護は緊張の連続でした。特に、ECMO(体外式膜型人工肺装置)管理中の患者さんを受け持つときは、機器管理で精一杯な状態でした。しかし、今では患者さんとともにご家族にも目を向けられるようになり、不安な思いでみえるご家族の思いをゆっくりと傾聴し、ご家族の心のケアを行うこともできるようになってきました。そういった患者さんとご家族から、退院時にお手紙をいただくことがあります。そんな時、患者さんとご家族の力になれたのかなと、うれしい気持ちになります。

 

Q3 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


小児の急性期看護だけでなく、慢性期および終末期の患者さんのQOL向上につながる援助ができるようになることが目標です。そして、ご家族に対してのケアも向上させていきたいです。このように思うようになったのは、慢性期の患者さんに対する先輩方の援助を学んできたからです。先輩方からは、計画されたことをずっと継続するのではなく、援助の方法をいろいろな視点で考えることにより、患者さんと家族のために他に何かできることはないかを常に考えることの大切さを学びました。こういった援助を私も、そして後輩たちもできるように、後輩指導にも取り組みたいと思っています。

 

外科系病棟 看護師(3年目)

 出身校:岐阜県立看護大学

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


学生の頃から急性期看護を学びたいという希望がありました。就職ガイダンスに参加して教育体制が充実していることを知り、この病院ならば展開の速い急性期であっても、1つひとつ確実に成長していけるのではないかと思い決めました。

 

Q2 当センターで働く中で、印象に残ったエピソードは?


新人のとき、まだ技術的に未熟な状態ではありましたが、患者さんと向き合い、1人ひとりの思いや不安などに耳を傾けることを心がけていました。ある時、患者さんとご家族から「あなたが担当だと話しやすくて安心する。いつもありがとう」と声を掛けていただきました。そのことばがとても嬉しく、患者さんに寄り添うことの大切さを実感しました。

 

Q3 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


私の勤務する病棟には、放射線療法や化学療法などの治療を受けるために入院されている患者さんが多くみえます。こういったがん治療を受ける患者さん方に対してどのような状況であっても落ち着いて正確に対応できるように学習を継続し、経験を積み重ねながら、技術と知識を高めていくことが目標です。

 

内科系病棟 看護師(13年目)

 出身校:岐阜県立下呂看護専門学校

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


教育体制や研修が充実しており、自己研鑽していける環境が整っているところに魅力を感じました。また、急性期看護から終末期看護まで、幅広く学べる病院であることから入職を決めました。

 

Q2 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


治療に伴う副作用への対応として、新人のころにはどのような看護が必要なのか分からず、先輩看護師が看護している様子を見ていることしかできませんでした。しかし、経験を重ねて多くの患者さんと関わるなかで、症状緩和や声の掛け方などその患者さんに応じた対応を工夫することができるようになりました。患者さんの表情が和らいだ様子や感謝の言葉を掛けていただけたときには、安心するとともに自身の成長を感じることができました。

 

Q3 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


退院される患者さんのなかには、在宅でも看護や介護を必要とする方が増えています。急性期病院で働く看護師であっても、在宅看護や福祉制度・サービスについての知識を深め、入院時から患者さんと家族の退院後の生活を見据えた看護を提供していきたいと思います。

 

小児系病棟 看護師(4年目)

 出身校:藤田保健衛生大学

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


県外の大学に進学しましたが、就職は生まれ育った岐阜の病院で、地元の役に立てたらと思っていました。また、患者の家族として当センターにお世話になったことがあり、その時の看護師の皆さんがとても温かく優しかったことが大きな理由です。

 

Q2 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


小児科では入退院を繰り返している患者さんもみえ、わたしの1年目の時から現在までのことを覚えていてくださり、「頼りがいがでてきたね」「しっかりしてきたね」と声をかけてくださいます。そんな時、新人で何事にも自信がなかった時とは違い、患者さんに不安を与えることなく援助できることが増えてきたなと思えます。

 

Q3 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


看護実践ではできることが増えてきましたが、何事も自分だけでやるのではなく、先輩・後輩に関わらずスタッフを巻き込んで「患者さんにとって何が一番大切か!?」をみんなで考えていけるように声を出すなど、リーダーシップ力を身につけていきたいです。部署の先輩方など、周囲にはいつもわたしのことを気に掛けてくれる人たちがいるので、そういった方たちの力を借りられるよう、自分の思いや考えをリアルタイムで伝えていけるコミュニケーション力も高めていき、患者さんへの看護を充実させていきたいです。

 

内科系病棟 看護師(7年目)

 出身校:岐阜県立衛生専門学校

Q1 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


入職した頃は毎日の業務をマニュアルのとおりに行うのに精一杯でした。経験を積み重ねた今は、患者さんの状態によって、よりよい援助を考えて行動できるようになってきたと思います。そういった関わりをとおして、患者さんから「看護師さん」ではなく、わたしの名前で呼ばれるようになった時にとても嬉しさを感じ、看護師として成長できていると実感することができています。

 

Q2 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


これまでに部署での新人指導や看護学生指導を経験し、後輩指導に興味を持ちました。そこで、実習指導者講習会を受講して、2か月間、看護学生への指導方法を学びました。これらの経験と学びを活かして、今後はより一層、後輩指導や看護学生指導の経験を積み、指導力を高めていくとともに自己の看護観を深めていきたいと考えています。

 

Q3 オフの日の過ごし方は?


友人と過ごすことが多いです。おいしいお店を探して食事をしたり、買い物をしたりします。また、毎年夏休み休暇を利用して海外旅行に行っています。友人と旅行のプランを相談するのも楽しいです。

 

外科系病棟 看護師(5年目)

 出身校:岐阜県立看護大学

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


急性期の病院で様々な知識・技術を学び、看護師として成長したいと思ったからです。また、インターンシップに参加して、実際に働いている看護師たちの話を聞き、学習体制が整っていると感じたことも決め手になりました。就職後は、学習面での指導はもちろんですが、悩んでいることを察知してくれる師長や先輩がいて、声を掛けてくれ、アドバイスをしてくれました。こういった支援のおかげで仕事を継続できていると思います。

 

Q2 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


部署において新人指導を担当するようになり、指導する難しさを感じています。新人には、患者さんのことを第一に考えて行動できる看護師になって欲しいと思っているので、そのためにはどのように指導していくとよいのかを、先輩方にも相談して指導にあたっています。自分が先輩方に受けた指導を振り返ったり、新人のころに感じたことや経験したことを踏まえて指導方法を工夫し、後輩を育てる力を獲得することが今の課題です。

 

Q3 オフの日の過ごし方は?


友だちや家族と出かけてリフレッシュしています。特にライブに出かけるのがすきなので、希望休暇をとって思いっきり楽しみます。また、興味のある分野の研修を探して参加することもあります。

 

内科・外科混同病棟 看護師(6年目)

 出身校:岐阜県立看護大学

Q1 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


新人の頃は、知識・技術・コミュニケーションのどれをとってもできていないと感じていました。しかし、4年目の時に部署での新人指導を担当し、できることが当たり前と思うようになっていた自分に気づき、「できない」と思う新人の気持ちを察しながら一緒に学ぶことができました。今ではその時の新人たちにも後輩ができました。そして、患者さんの心のサポートを行えるまでに成長しました。指導に携わった後輩が今度は後輩を育てる立場になっていく姿を見て、私自身も一緒に成長できているのだなと感じています。

 

Q2 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


がん患者の終末期における緩和ケアに興味をもっています。患者にとっての苦痛は身体的なものだけではないため、精神面・スピリチュアル面・社会面についても総合的に捉えて介入していくことの大切さを実感しています。また、患者を支える家族へのケアの大切さについても実感しています。今後も、終末期、特に臨死期における状態の変化や安楽のためのケアなど、さらに学びを深め、援助に活かしていきたいと思っています。

 

Q3 休日の過ごし方を教えてください。


年に1回、夏期休暇を利用して長期の旅行に出かけています。ここ何年かは海外旅行に行っており、次はどの国に行こうかと楽しく思案中です。その他にも希望休暇を使って国内の小旅行も楽しんでいます。

 

内科系病棟 看護師(6年目)

 出身校:岐阜県立衛生専門学校

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


看護学実習させていただいた際、先輩看護師さんが患者さんの要望を考慮し、個々にあわせた看護プランを作成してみえました。その成果として、車椅子だったADLが1人で歩行できるようになり、経管栄養だったのが口から食事摂取できるようになっていく過程への看護介入を一緒に経験できました。この実習が心に残り、この時の先輩看護師さんにあこがれて入職を決めました。また、新人看護師の教育制度が充実していたことも決め手になりました。

 

Q2 当センターで働く中で、成長できたと実感したエピソードは?


勤務している病棟には終末期の患者さんが多く、私自身が患者さんに成長させていただいていることを日々実感しています。今も患者さんとそのご家族が抱えている思いや願いを聞き、今の病状に合わせて何ができるか悩むことはあります。しかし、入職した頃と比べると、カンファレンスを開催することや、多職種の意見を参考にして看護プランを検討することができ、患者さんが達成できる目標設定ができるようになりました。患者さんに合わせて少しづつ目標の幅を広げることで、患者さんの元気な笑顔や、穏やかな日常を過ごす姿を見ることがやりがいとなっています。

 

Q3 あなたの成長に影響を与えた先輩はどんな人ですか?


がんの疼痛コントロール方法を検討する際、痛みの部位や痛みの種類から、どのような薬剤がよいかを医師と調整できる先輩看護師さんがいます。患者さんの苦痛を少しでも和らげたいと、いつも親身になって関わってみえます。勉強会にも誘ってくださり、アセスメントの方法も教えてくださいました。

 

救命病棟 看護師(4年目)

 出身校:岐阜県立衛生専門学校

Q1 あなたの成長を支援してくれた先輩とのエピソードは?


新人の頃、エルダーの先輩方にとても支えてもらいました。辛かったことを聞いてくれたり、頑張ったことを認めてくれたり、先輩の新人の頃のことを話してくださったり。そういう時間と思いの共有があったからこそ、頑張ることができました。現在もPNSのパートナーである先輩に色々と相談しています。一緒に考えてくださる先輩方のおかげで日々成長できていると思えます。

 

Q2 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


救命病棟では急変する患者さんも多く、患者さんの変化を見逃すことのないようにと緊張感が強いですが、そういう状況が成長の機会になっていると思います。重症な患者さんの全身状態を捉え、個別性のある看護をできるようにと頑張っています。また、患者さんの状態にショックを受けている家族に寄り添う関わりを持つことも大切にしています。もっと自分の看護に自信をつけ、自らの思いを発信できる看護師になっていきたいと思っています。

 

小児系 看護師(10年目)

 ■出身校:滋賀県立大学

 

Q1 あなたの成長に影響を与えた上司とのエピソードは?


入職時に配属された小児一般病棟で、上司に「私は看護師に向いていないのではないか、辞めたい」と相談したことがあります。向き合って話を聞いてくれた上司は「辞めるのは簡単だけど、今辞めたらできなかったという後悔だけが残り自信をなくしてしまう。あなたにはそんなふうになって欲しくない」と言ってくれました。その言葉がとても励みになりました。今は、上司のことばに応えることができ、看護師を続けていられることをうれしく思っています。

 

Q2 あなたの次のステップ(成長)に向けた課題はどんなことですか?


現在は当院に併設されている重症心身障がい児施設に勤務しています。障害を持っていてもその子なりに成長していくこどもたちに対して、その子なりの成長・発達をどう支援したら伸ばしていけるのか、よりよく生活できるにはどうしたらよいかなどを、看護師だけでなく、保育士や介護福祉士らの他職種とともに考えて実践していけるようになりたいと思い、取り組んでいます。

 

Q3 オフの日の過ごし方は?


からだを動かすことが好きです。今は空中ヨガでリラックスとリフレッシュを図っています。他には、買い物に出かけるのも楽しいです。

 

産科病棟 助産師(3年目)

 ■出身校:岐阜県立看護大学

 

Q1 当センターを就職先に選んだ理由は?


当センターは県内で唯一の総合周産期母子医療センターであり、母体胎児集中治療室(MFICU)があります。そこで、当センターならば正常だけでなく様々な合併症や胎児疾患などをもったハイリスク妊産褥婦さんへのケアを学べると思ったからです。

 

Q2 今後の成長に向けた課題はどんなことですか?


2年目の4月からMFICUに配属され、これまでの一般産科病棟での業務よりも緊急性を求められる場面に立ち会うことが多くなりました。まだまだ勉強が必要なので、先輩方が丁寧に指導してくださりとても恵まれた環境だと思います。これからもたくさんの知識や技術を吸収し、自分でアセスメントして行動できる力、そして幅広い視野で患者さんを看ていく力をつけていきたいです。

 

Q3 あなたの成長を支援してくれる先輩は?


新人のときに担当してくださった実地指導者とエルダーの先輩はもちろんのこと、先輩全員がとても丁寧に指導してくださり心強いです。また、部署スタッフ全員が助産師であり、助産師として成長していくのにとても恵まれた環境です。